人間としての正しいひな型を日本人が見せる時

ニューヨークの病院勤めの腕組家のもも姫がパソコンのスカイプでモニター画面にパーッと現れた。

腕組み王女は、ただかわいい、美しいと思うだけの親ばかな母だ。

もも姫は1000人が働くニューヨークの病院で唯一の日本人栄養管理士だ。

医師や上司や同僚達から募金活動が起こり、チャリティーに駆り出されたりして、みんなが日本に手を差し伸べたいと申し出がいっぱいだそうだ。

東日本大震災後の日本人の冷静さ、略奪も放火も暴動も起こらない不思議さをアメリカ人は驚きと感嘆の目を持って眺めているそうだ。

壊れた家に入って物を盗むのはこんな時は当たり前の行動らしいのだ。

3・11の東京でも震度5強の大揺れの中で外に飛び出した中国人女性(在日10年)が目にしたのは、しゃがみこんだりしている人はいるものの叫び声も上げず泣き叫びもせずバスを並んで待っている日本人だったそうだ。

日本人の心の底には無常感や、諦観があるのだろうか?

天災なら騒いでもわめいてもどうにもならない、他人のものは盗めない、その人が困るだろうから。

誰かを非難しても何にも解決にならない。政府の対応が悪い、遅い、と文句はあるけどそれは私達がそういうレベルの政府きりもてない結果だから。

結局は天に唾するとは、このことだろう。

どんな災難も災害も受け入れるだけだ。 そして次のときはもう少しより良く手を打っていこうと。

被災者、避難所でもう20日以上も暮らしている人、身内をなくした人、仕事をなくした人、家をなくした人、友人をなくした人、希望をなくした人、健康を損なった人いろいろ無くした人がたくさんいる。

泣くきり無いような状態でこれからも生きていかなければならない。

でも、日本人や世界中の人々が温かい心で手を差し伸べようとしているのがわかる。

だからまず膝をついて、何かに摑まって自分の足で立ち上がろう。

うしろに優しい人々の支えの手があるから心配しないで。

日本人は世界の人々に人間のひな型のお手本を見せるときが来たのだ。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック