野菜をたくさんありがとう

画像


アメリカの友人からの野菜の贈り物がどっさり。

カリフォルニアのKさんは腕組み王女のブログを読んで「青物野菜が食べたーい」の王女の叫びに直ちに日本にいらっしゃるお姉さまに「新鮮な野菜を送ってあげて」と頼んでくださったのだ。

大きなダンボールの箱を開けたら丁寧に新聞紙でくるまれた、静岡の三つ葉やブロッコリー、ホウレン草、柔らかそうな春きゃべつ、小松菜、しそ、セロリ、トマト、高知の根しょうが、みょうがなどが入っていた。

そのお姉さまのお住いが八王子だからこの茨城県とものすごく離れているわけじゃないのだけど、つまり、お姉さまも野菜を買い集めてきれいに箱詰めして送ってくださるのは大変だっただろうと思うと、その優しさには言葉もない。

お姉さまにも御礼の電話をして、デービスのKさんにも電話した。

すぐありがたくお昼のご飯のおかずにして食した。

画像


献立:   ご飯 味噌汁(三つ葉入り)、納豆(みょうがと大葉を刻んで、いい香りだった)、ブロッコリーと豚肉の炒め物カレー風味、トマトときゅうりのサラダ、ホウレン草のお浸し

魚もないし、豚肉もホンの一口でほかは全部頂き物の野菜だ。贅沢な気分で昼食を終えた。

今日は野菜ジュースの缶詰を飲む必要はない。


Kさんとの会話から面白い話。日本に寄付するために゛レスキューロール"という名の(カリフォルニアロールのような)巻き寿司を食べて日本を救おうというすし屋があって結構アメリカ人が協力してくれているそうだ。

そして、日本のリーダーは??だけど普通の日本の人々はモラルも高く立派な民族だから必ず立ち直れる、っとアメリカ人たちは噂しているそうだ。

それから、彼女のご主人(その道の専門家?)が日本の放射能漏れについてそんなに神経質にならないように、レントゲン撮影より少ない量だから・・・放射線はどこにでも降り注いでいる・・・と、難しい英語で話してくださった。ほとんど理解できなかったが、何しろ心配しすぎないようにってことらしい。

なんだか優しくされると涙もろくなる。

ありがとう。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック