S子からの電話

高校時代の同級生のS子から電話があった。

とにかくおとなしい子だったし特別仲良しでもなかったし、腕組み王女のようなざわついたクラスメートとはなるべく近づかないように彼女はしていた・・・のじゃあないだろうか?

同期会の連絡が取れないと幹事が言うのでS子の留守電に入れておいたのでそのお返事だ。

暗ーい声でいきなり「事情があって同期会には出られない」んだって。はっきりしたことは分からないのだが「声だけ聞いたら元気そうでしょう?でもいろいろあってそうでもないの。」

何の話を向けても取りつく島も無いかんじで「ま、皆さんもいろいろお有リでしょうけど、私の方も声だけは元気そうでしょうけど、今回は行けそうにないので先生にはよろしくお伝えください。」

もちろん人にはいろんな事情があるのだけど,例えば、がんを宣告されたばかりだったり、連れ合いに死に別れたばかりだったり,親子の仲たがいで断絶を余儀なくされていたり,経済的にピンチにたたされていたり,これ以上最悪の事態を思いつかないけど、生きていれば大変なことはいっぱいある。

だからS子さんだってどうしても4月の同期会には出られないのだけど・・・・

電話を置いてから暗い気持ちになっちゃった。彼女の声が暗かったからか?

深海に沈んだ最悪のよどみのようなものが人にはあるのだね。

腕組み王女のように良いこと悪いことぺらぺら喋れる人はノー天気だから幸せ者なんだろうな。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック