関東甲信越は100年ぶりの大雪

昨日から降り続いた雪は東京で27cm、古河では30cm以上だっただろう。

雨戸を開けたら、ガラス戸が雪で埋まっているような。

画像

アトリエのコーナーのガラス戸の外は1メートルぐらい雪だ。

朝起きてすぐにエアコンのスイッチを入れたが、外を見たら、エアコンの室外機が雪に潜って見えなくなっている。

危ないからすぐに暖房のスイッチを切った。

腕組み殿下が重装備で外に出て(外に出るドアが雪が外側から押して開かない)、エアコンの室外機を掘り出した。

でもそれだけでは解決しなかった。室外機の内部が凍って、結局動くようになったのは午後になってからだった。

停電でなくても暖房が入らないことが分かった。

この時こそ、アトリエに運び込んだ原始的な石油ストーブが役に立つ。 しかし大型の石油ストーブでも暖かさは局所的だ。

画像


庭の椅子やテーブルや「トラジロウ」と呼んでいる大石も埋もれてしまった。

ソチオリンピックのフィギィアスケートの羽生選手の日本初金メダルの話題性も半分になってしまった。

雨になったから雪は溶けるのかと思ったが、今度は大雪で溶けた水で洪水警報も出ている。

昼前から雨になり、大風が吹いて、雪かきどころではない。

御近所のカーポートの屋根が、雪の重さで落ちて、車の上に乗っかってしまっている。

一日経ったが道路の雪も片付ける人が出て来ない。 

雪国の人はこれが毎日では、お城に閉じ込められた状態で大変だね。

明朝は道路は凍るだろう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック