ドローイング額縁準備

ちょっと良さそうなドローイングになった。

朝から画材屋に駆けつけて、似合う額縁を探した。

マァマァの額を探した。

難しいのは作品の周りを飾るマットと呼ばれる厚紙だ。

額の内側にマットを二重に重ねて見たり、見本を使ってあーでもない、こーでもないと試行錯誤の結果初めてえんじ色のマットに決めた。

絵が綺麗に見えたので。

カットしてもらったマットをあてがうと、「あー、派手すぎる。」

じゃあ重ねて白いマットをかぶせるとして、もう一枚マットを切ってもらった。

白い額の内側に幅広の白いマット、その内側にえんじのマットが幅2cmにみえ、その内側にドローイングがある。

まるで着物の半襟のように。

こういうマットの色合わせは初めてだったが、いいんじゃないの?

もう1点色鉛筆を使ったドローイング(かすかに見え隠れする裸婦)を描こう。

でも意図して絵を描き始めると面白いものができない。

柳の下にドジョウが2匹はいないのか?



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント