上野駅構内のレトロなフレンチ

友達2人と待ち合わせして、駅ナカにあるいつも客が並んでいるレストランめがけて行った。

画像


画像


画像


ブラッスリー・レカン(Brasserie Lecrin)は、昭和初期の旧貴賓室だったそうだ。

12時に行ったら並んで40分待った。

マントロピース、シャンデリア、通路や高い天井がアール・デコ調でレトロ。

広いテーブル、洗練されたウェーターのものごし、でもランチだったから美味しいリゾットとサラダとポタージュとコーヒーで経済値段だった。

それから上野の森美術大賞展を見に美術館に行った。

やっぱり美術コンクールは特別のものがある。

デッサン会のNさんが入選だったので、講評を聞きたかった。ちょうどNさんご本人も聞きに来ていた。

作品はみずみずしい色調のNさんらしい美しい正統派って感じだった。

コンクールは奇をてらったものも結構あるが。

講評の先生の話はどうでもなかった。絵の講評なんて出来ないのだ。

ただ見て、感じればいいだけの話。

そのあと、東京都美術館で大調和展を見た。仲間のCさんの作品を見た。

どんな時でも美術館の中にいると安心するというか、落ち着く。

人には美術が絶対に必要だ。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント