首掛け扇風機又はスポーツ・ネック・ファン

mwf97+j2Rr6XmV8aeX+zdA.jpg


これは首に掛ける扇風機だから手が自由になる。

風量は弱・中・強と3段階で、丸いファンの部分は自由に方向が動かせる。

充電はパソコンから3時間ぐらいで「弱」の風なら12時間もつという触れ込み。

値段は2699円。

しかしこう猛暑だと空気自体が暖かいから風は確かに顔に当たるが全然涼しく感じない。

でも、異常で今まで経験したことが無いような高温だから何をやっても冷房の部屋にいる以外無理だ。





郵便料金の変更

10月1日からまた郵便料金が変わる。

今度は封書が82円から84円に、ハガキが62円から63円に。

常に切手をたくさん買っておくから以前の平成26年までハガキの50円切手も80円切手もまだたくさん手元に残っている。

平成元年から 封書が62円、はがき41円
平成6年から  " 80円、 ” 50円
平成26年から  " 82円、 " 52円
平成29年から 封書据え置き、 " 62円
令和元年は   封書 84円、 ” 63円

だから今ではハガキを出すときは50円切手と10円切手と2円切手を貼って投函していたが、そこにあと1 円切手も貼るということだ。

80円切手の買い置きもたくさんあるから、お手紙には80円+2円切手にしていたが、今度はさらに2 円切手追加。

手紙やハガキをたくさん書く人は綺麗な切手が出ると郵便局で多めに買うよね。仇になるね。

展覧会のDMを出すときのために多めに買ってある切手も今ではハガキの切手面がいっぱいになる程細かい切手を何枚も貼らねばならない。

郵便事業が大変なのはわかるが、それにしても半端な切手の値段だ。

それとも手紙やハガキはもう古いのか?