ビッグカメラにて



友だちがガラケー携帯電話からiPhoneに買い換えするので付き添いで行った。

お城を出る直前に、しっかり昼食を取っておいたのは当たりだった。

有楽町駅前のビッグカメラ店に1時半からセールスのMさんに説明を受ける。

長いと覚悟していたが、何と店を出たのが6時間後の7時半だ。

友だちは新しいiPhoneで電話のかけ方と取り方だけ試した。

思い出したよ。

腕組み王女が最初にiPhone5を買ったのはいつだっただろうか?

全てが初めてで分からなくて何度も投げ捨てたくなった。

最初は戸惑って、苛立ってガラケーでも良かったなんて思ったが、今ではこの小さなコンピュータ無しでは何処にもいけない。

今月はiPhone11が売り出された。

友だちがカウンターでのやり取りの間に、携帯用充電器Mobile battery3.5回充電5480円を買った。

これで緊急災害時に遠くに避難しても3.5回は充電できるし、家でも充電できる。

ネックスポーツファンという扇風機の充電も可。

今は勿論iPhoneなくては暮らせない。

こうして電車内でもブログが書けるし‥・

イヤーお疲れさんです!










投稿が成功

使い勝手が悪いが👎iPhoneから記事が投稿できた。

友だちがiPhoneを買いに行くのに消費税が上がる前に一緒についてきてと頼まれた。

プレビューを押したら、その文章は消えてしまって残念!

もう一度試したら張り付いたようだ。

写真の付け方は分からないが。







今年のコメ

お向かいさんから恒例の新米をいただいた。

今年は特別甘みがあるという。

さっそく3号も米を炊いた。

熱々を塩で結んで7個の大きなおむすびを作った。

急ぎ味噌汁だけ作って、漬物のみで3人で3合の塩おむすびをぜんぶ食べた。

普段1日にお昼に玄米100g だけ食べるが、今日は夜に米の飯を1合も食べたのだ。

なんだか満足しちゃって体が喜んでいるし、心も喜んでいるのがわかる。

日本人には米の飯が必要だ。

これはマンハッタンに一人暮らししていた時、風邪っぽくなってスーパーで買っておいた「かときっちゃんのご飯」一パックと納豆と「きゅうりのQちゃん」を食べて、一息ついて(本当に日本人の体にはコメが必要だ)と思ったことを思い出した。

デブ外来の先生には叱られるかもしれないが、お米を思いっきり食べると体に力が漲る感じ。

肉や魚や野菜も必要だけど我が家は副菜が多すぎる、やっぱりまず米だね。





いろいろな故障

8月ごろだったか腕組み王女の車の左バックミラーが畳めなくなった。

車屋で部品が到着するまでミラーは畳まないでくださいと言われた。

バックミラーのモーターが不良品だったのか高温でダメになって車屋は無料で取り替えて直った。

今月に入って出かけるときに駅前の駐車場に車を預けて出かけた。

今度は炎天下に駐車しておいて、夜に車に戻ったら閉じてあるミラーの右側が開かない!

右のバックミラーが開かないで走るのは怖い。

また車屋に連絡して、右ミラーの内部のモーターを交換してやっと無事に直って安心した。

そしたら今度は家のOMソーラーが壊れたようで、21年経ったから寿命なのかもしれないが、太陽光でお湯が沸かなくなった。

でも太陽光発電は大丈夫のようだ。発電している。

OMソーラーは夏は外気より屋内が涼しく、冬は昼間の温かい熱を家の地下にためて室内は暖房なしでも暖かくなっている。

それが壊れたのだ。

太陽光のお湯取りができないので併用されているガスで沸かしているからすぐに不便というわけでもない。

今日あたりまだ外は30°C以上で暑くてエアコンと扇風機を使っている。

だから大して不便を感じてないが、腕組殿下はOMソーラー(我が家は2台ついている)の取り替えに
数100万はかかるなとぼやいている。

腕組み王女は部品のネジなんかを取り寄せて自分で直せば良いんじゃあないの?と涼しい顔。

それにソーラーハウスでなくてもどーってことない。

普通に生きているだけで台風で屋根を飛ばされたり、何週間も停電だったり断水だったりと地球上は大変なんだから。

雨露をしのげるだけでもラッキー。







新しいスマホ

日比谷で友達の個展の初日あり。

お客で狭いギャラリーがいっぱいだった。

2年に一度の個展を長く続けて来られたその力に脱帽。

お昼に友達と有楽町駅前の英国フラッグが目立つ肉料理の店でランチする。

その友達とは必ず肉を食べると決めている。

駅前にビッグカメラがあった。

友達はガラケータイからスマホに変えたいと常日頃から言っているから入った。

でも使い方が難しいし店で懇切丁寧に教えてくれないので、イマイチ買い替えできない。

値段が高いのもネックだ。

ビッグカメラの若い店員を見つけて新しい iphone を説明されて心が動く。

今日は店は iphone 11 の発売日で客でごった返している。

来週来てくださればゆっくりご説明しますと、その親切な店員のMさんが名刺をくださった。

確かに次々新しいことを覚えなくちゃあならないから世の中についていくのは大変だ。

でも、友達は現役の大学生だからいつまでも怖気づいていないでアイフォンを買ったら?

腕組み王女は新製品が大好きだからiphone11 買いたいよ。

ビッグカメラをでて銀座1丁目で友達が絵本のグループ展をやっているので、行った。

勉強になった。









女子は使える

デッサン会展のポスターは今年は20代の本物の若手女子のFさんがデザインを考えてくれることになった。

必要な項目はこれこれを入れて、見た目は「人の目を引く、行ってみたい展覧会だなと思わせるデザインで考えて」とお願いした。

土曜日にお願いして、月曜日にだいたい出来上がってラインの写真で送ってくれた。

若干の手直しがあって、直したものを副会長のT女史に送ったら、彼女もOKをくれた。

パソコンでプリントしたら隅の方の文字が見づらい、会期の文字をもう少し大きくなど注文し直したら、即直したものを今日18日に送ってきた。

これOKでしょう。


IMG_4013.JPG




明日、コンビニでできればB3サイズ、だめならA3にコピーしてすぐに展覧会会場の美術館に持っていく。


去年まで事務機の会社に手作りのポスターを運び込んで手直ししながら数枚のポスターを作っていた。

数千円の代金がかかった。今年は数百円で済みそうだ。

我らの裸婦デッサン会は男性会員が多いが、腕組み会長以下MとF副会長が女子でポスターを手伝ってくれた若手のFさんも女子で、実に仕事が早くて確実だ。

デッサン会の女子はその4人だけなのだがそう言っちゃなんだが全員有能。自画自賛?

どう考えても女性の時代になったと思う。


佐野のラーメン

栃木県のお墓まいりに4人で行った。

お城から車で50分ぐらいかかる。

帰り道に街道沿いの美味しいラーメン屋があって気に入っていたが、先月は看板が変わって他の店になっていた。

そのときに佐野駅市街地にちらりと工事中のような「田村屋」の看板が目の片隅に入った。

今日はその「ちらり」の場所を注意深く走りながら探した。

あった! 以前の"青竹踏みラーメンの田村屋だ”

立派な店構えになって、駐車場も30台以上止められる。まだ午前11時半だと言うのに店の中の待合ベンチはいっぱいで、外のベンチ(30人分ぐらい?)に並ばせられた。

人気のラーメン店だったのだ。

中に入ると前よりグーンと広く、格段に立派になっていた。

注文は普通のラーメンだが、透き通った汁にチャーシューが美味しくて、値段も同じ611円と消費税。

なかなかこの美味しいラーメンには出会えない。以前と同じ味だ。

昔の田村屋がなくなって墓参りも楽しくなくなっていた。

よかったよ、さらにバージョンアップした店構えで味が変わらないで、値段も据え置きでうれしい。

きている車は栃木県ナンバーばかりではなく、東京からの車も止まっている。有名なのか?

D7rncYAlQKmSeL2LpDID1w.jpg


ラーメンの写真はない、だって夢中で食べてしまってから気がついた。



今夜のデッサン会は

2時間のデッサン会中に5分休憩が5回入る。

モデルは20分ポーズをとって5分休憩なのだ。

その時間を使って、今年のデッサン会展のDMを、出席の会員に配る。

公民館や体育館や美術館などに置いてもらうDMハガキを束ねて、私ら会長、副会長2名の雑用係が、市内の公共施設のカウンターに置かせてもらうために、手分けして多めにハガキを分けて預かる。

去年の展覧会に来てくださったお客様に今回はM副会長がDMを出してくださると言うので、去年の名簿を渡す。

今日の午後は一応去年の芳名帳の手書きの住所の読みづらいものや郵便番号を調べ直してMさんに渡すために、2時間もチェックに時間がかかってしまった。

今年のDMハガキのデザインが玄人はだしのおしゃれさなので、ポスターを作るためにそのハガキを拡大して使うか、もう少し素人受けするものに変えるかの相談もしなければ。

ポスターとDMハガキは一緒に公民館などに持っていくのだ。

でも今年は3人の女子が力を合わせているので、例年より楽だ。

そんなことをしているので、身を入れてデッサンに集中できない。

今日は古株のいいモデルが来るのだけれど。



宴会だー

腕組み王女もめでたく当年取ってー64歳を迎え、お誕生日パーティが開かれた。

まず朝の部でwalking の友達にパン屋の喫茶店でおめでとう会をしてもらう。

夜の部は6時からビールと白ワイン2本、殿下は他にバーボン。

参加者4名。

NY生活、コスタリカの思い出、サンフランシスコ生活、数々の男たちの話、仕事の話、アメリカの年金システムがいかに良くできているかの話、もも姫が卒業した C.W.Post キャンパスの大学院の話、その高い学費の話、多岐にわたる話題でワインもう一本飲んじゃう?

来月も誕生日があるから、また飲もう。

今夜は涼しくなった。やだやだもう10時で明日の朝早いから寝なきゃー。 おやすみなさい。



あっツー

辻堂にお墓参り。

暑ーい!💦💦

大磯駅に向かった。

X+era04aQOyNyuTON8AE5w.jpg


同期の友達の個展が大磯駅近くであった。彼女は今日はいなかったが「らしい」会場でよかった。

bXpjLGhsRA2mgZF19RWZwg.jpg


しっかし暑い日だ。💦💥💦 日傘、帽子、日よけ手袋、タクシーを使い、めし屋大磯に向かう。

大磯の海に面して、庶民的な魚料理のめし屋だ。

思わず途中まで食べてしまったが、大急ぎで写真を撮った。「焼き真鯛の定食」

fullsizeoutput_2360.jpeg


3切れの刺身が美味しい。薄い衣のアジフライ付き。1700円。

金目鯛の煮付けの定食はさらにうまそう。

8WBrCcYKTe6TAG9sIO51Uw.jpg


海  を眺めながら腹ごしらえした。

駅に戻って駅前カフェでアイスコーヒーを飲みながら一息涼んで大磯から2時間かけて戻ってきた。

尋常でない暑さだった。でも一つ大仕事クリアーした。







カレー捨てたの?

腕組城からおキクさんの家を見るともう薄暗くなっているのにガラス戸がまだ開いている。

カーテンが閉まっていない。

心配になって飛び込むと、おキクさんの姿はなくてサダオさんが戸とカーテンを閉めようと出てきたところだった。

「大丈夫?暗くなるまでカーテンが引かれていないから何かあったと思った。夕飯は?」と聞くとマダこれからだと言う。

「うちに作り置きのカレーがあるけど食べる?」「あーぁ、いいね。もらおうかな。」

我が家のホウロウのウェアにたっぶりのチキンカレーを入れて持っていった。

「サダオさん、冷蔵庫に入れたあったカレーだから冷たいから、鍋に開け替えて温めてご飯にかけて食べてね。おキクさんにそう伝えてね。」といって帰ってきた。

いろいろ用事があって、2日後にホウロウびきのウェアを受け取りに行ったら、おキクさんが「え?」って顔している。

「あれはカレーが入っていたのかい?冷蔵庫に見知らない入れ物があったからゴミに出して捨てちゃった。」って。

「えー、中身入れたまま?だって金物を捨てる日じゃあないでしょう。今日は燃えるものを出す日だよ。」って言っても、おキクさんはサダオさんが何も言わないからカレーが入っているって知らなかったとサダオさんを責めている。

認知症がかっているからサダオさんに頼んでもダメだと言う。

だっておキクさんだっていつもトイレに行っていていないんだもの。

カレーもニンニクと生姜たっぷりの超辛い美味しいカレーで、我が家ではカレースープとして毎朝頂いているものだから捨てられたのは残念。

それにちょうどいいサイズのホウロウびき蓋つきの入れ物も捨てられてしまったので、また買わなきゃ。

捨ててしまったことが申し訳ないと言うことより、サダオさんが色々物忘れすることを強く非難しているおキクさんでした。




パンケーキ

ものすごくゆったりした気分の日曜日の朝。

30年ぐらい前は子供たちもいたので日曜の朝はパンケーキと決まっていた。

今朝は多分今年2回目ぐらいのパンケーキの朝食にしてみた。

ホットプレートが若干中央が凹んでいるのでまーるいパンケーキにならない。

ゆるいケーキ種だから、薄く焼けて何枚も重ねてかえでのシロップたっぷりかける。

果物(りんご、梨、キーウィ、バナナ、トマトを2、3切れづつ)とハムとソーセージとスクランブルエッグ、ヨーグルト、豆乳。

豆乳の代わりにトマトジュースの人もいる。

カレースープも沸かしたがそこまで食べられない。

最後がコーヒー。3人だったのでコーヒーメーカーで2回も沸かした。

そしてNHKの日曜美術館を見る。

日曜日は安息日だ。



二科展

二科展に行った。

金沢から友達が来ていた。

今年の「二科賞」はなかなか良かった。

Mさんのお弟子さんだという。

素晴らしいじゃあない?

作品が「コンニャク」だよ。お客がたくさん見ていた。

長々見て人だかりができて、写真なども撮っていた。

そういうことってそうそうないよね。

Mさん、いい指導者でもあるのね。

帰りは大学の友達3人で、六本木ミッドタウンの外のテラスでコーヒーでながーいおしゃべりで気が済んだ。

次は今月末の友達の個展が日比谷であるので見に行かなきゃ。

今月の三つ目のお仕事をクリアー。


デッサン会展準備その一

今年のデッサン会のDMハガキは会の副会長のMさんが受け持ってくれた。

デッサン会は腕組み会長と二人の副会長TさんとMさんの計3女性が運営している。

いつもの長野県の印刷屋に頼まないで、インターネットで簡単に作れる案内ハガキから1000枚の案内状を作った。

驚くなかれ、代金が今までの3割で済んだ。出来上がりの紙も厚手でしっかりしていた。

見た目も遜色ない。

この調子ならポスターも作ろう。

事務機の会社に作ってもらっているポスターも結構お高いのだ。

市役所の文化協会に今年から看板を作ってもらえることになったので、依頼してきた。

毎年の看板製作も結構面倒だったが、やってもらえるなら助かる。

今月の二つ目の仕事が片付いた。


運転免許更新

70歳を過ぎたので、高齢者講習を受け講習修了証を持参で免許更新に警察に行った。

申し込んでから、アンケート用紙に病気の有無をチェックして署名して、眼の検査と写真撮影で20分ほどで新しい免許証が出来た。

写真は重要だ。

免許証の写真の背景はブルーで、だいたい濃いブルー系の服を選んでいた。でも白でもいいかも。

警察署内の撮影の小部屋は小さな手鏡だけ置いてある。化粧直しなどする暇がない。

一か八かの顔写真で、今後3年間の免許証に貼られる。

「ゲー、老けた!」と瞬間思っても、誰に見せるわけでもなくほとんど違反で捕まらない限り免許証を見せることもないぐらい。

それに3年前の古い免許証の写真を見ると「あー、若かった」と思うから、今の写真もやがて「でも若かった!」と思うだろう。

今月の仕事が一つ完了した。