今年初の上京




1月中旬には武漢コロナの情報がyoutube に載り始めたから、これは危険!と東京での約束を次々キャンセルした。

2月には「絶対危険!」と認識し情報を集め、危機対応の諸々の準備にかかった。

住まい近辺の活動も早々に止めた。

例えばトレーニングジムにも行かなくなったら、その後ジムも閉鎖なった。

デッサン会の年次総会も市内の蕎麦屋で2月早々に終わらせて、2月の後半からデッサン会自体を中止にした。そしたら会場の公民館も閉鎖になった。

週末の体育館でのピラティスも自主的に休んだ。一と月後には体育館も閉鎖となったからピラティスも必然的にお休みになったのだ。

都内のデブ外来や、足巻きの診療所も当分の間ということでキャンセルした。

そして、食糧危機到来に対応するために野菜作りに挑戦した。(といっても全くの素人で、野菜も簡単には作れないのだけど)

毎朝ラジオ体操と5kmぐらいのwalkingだけかかさず。そして友人とも合わず、東京にも行かず、絵も見ないで、(腕組殿下はバンドの練習もなくなりがっくりしている)ただ北関東の片田舎にいる。

念入りの手作りご飯を楽しんで。

でも、今日はデッサン会のNくんが上野の森美術大賞展で優秀賞を受賞したので、上野の森美術館に行ってきた。

腕組み王女は彼がデッサン会に入ってきたときから実力を買っていた。だからやっぱりね、って感じで嬉しかった。

Nくん独特の表現力は他の人にないものだ。次なる飛躍を期待したい。

美術館に入館する前に体温を測られて、紙に住所氏名電話番号と入館時間を書かされた。

内部でコロナ感染があった場合の追跡調査のためだね。



アメ横を通ったら、もう人出は以前と変わりない。でもほぼ全員マスクしている。

あっちこっちと用事のあるところを全部回り、買い物をし、大荷物で帰ってきた。

電車はクーラーがガンガンに聞いていたが、窓の上部は開けてあった。

こんなに色々動いてしまったら、どこかでコロナに憑ったかもね。

一見上野や御徒町界隈は以前と変わりないように見える。

でも一緒に行動していたK子とは、ただ用事を次々こなして別れた。前と気分は全然違って一種の緊迫感がある。

今年秋頃あと1回は会えるかも、でも冬はヤバイことになるからもう会えないだろうね、といって別れた


何度嘆いても詮無いが、なんという時代の到来だ。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント