友達の指バネ




バネ指(腱鞘炎が医学用語らしい)の治療に針はどうだろうか?と思い友達に鍼灸院を紹介した。

バネ指も西洋医学では手術が必要らしく、指の手術は微妙だから針治療で改善されるなら、と思ったのだ。

KK子が東京から電車でやってきた。

腕組み王女も五十肩の治療があったので車でピックアップして一緒に針に行った。

KK子の指に打つ針は痛いそうだ。

今日の王女の肩への針は電気刺激を流すのでちょっと怖かった。

「怖い、いたい、辛い」と王女が訴えたので先生がそれでは5分だけと短くしてくれた。

しかし肩の場所を変えて2回も電気を流したためか終わってから「肩がちょっと良くなった!」

ドキドキの2時間近くが終わって腕組城まで帰ってきて遅いお昼ご飯を一緒に食べた。

KK子もコロナでどこにも出かけないので古河に来てちょっとは気分転換したかな?

それより彼女の右手が自由に動くようになればいい。

王女の方は針のあと肩に相撲力士のようなガシッとしたテーピングで3日間は剥がさないように言われた。これは結構効く。

あとは入浴後の肩の体操。