また飲んでしまった!

お客人もお帰りになったお城で、へべれけ底無し王女と腕組殿下と私はおせちをお腹に整理すべく鍋にしてまた飲んだ。

1升瓶の日本酒も3種類残っていたので3人で1升ぐらいだったけど熱燗で胃袋に整理した。

飲んべいは長くなるから嫌がられるが、われら3人は今は亡き大王様と女王さまの思い出話にふけりながら長らくご一緒できた幸せを味わいつつまた次々酒を開けていった。

やはり酒好きの小金井殿下(腕組王女の弟君)もご一緒に飲めたら楽しかったのに・・と兄君を一番慕っていらっしゃるお末の底無し王女がぽつり。

いいよ、いいよ、私達は尊敬できる両親を持てて幸せだったのだからとまた酒を注ぐ。

七草粥を食べたら正月気分も収まるかな?

いやいや11日の鏡開きまではいいんじゃないの?

本日もケンコウに感謝しておいしいお酒をいただきました。



"また飲んでしまった!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント