心に希望の灯が ポッ!

車の運転中にいつもと違う自分の心のありように ン?

小さな希望のあかりとも呼べるような・・・・ン?

この感覚はしばらく忘れていたゾ、特に震災後は。

そうだ、昨日在住の市の美術館が来年開く展覧会の出品依頼の手紙のせいだ。

夏にも秋にも展覧会の予定はある。それらも小さなともし火だけど。

しかし、ここぞの気の入る展覧会は絶対に必要だ。

誰かと競争したり負かしたり、ということでなく自分に勝負がかけられる様な展覧会が。

生きるうえで勝負する場がないとネ、まったりできない性分なのだね。

少し力が湧いてきた気分。

明日は3ヶ月ぶりに裸婦デッサン会が再会するのでホッとしている。



"心に希望の灯が ポッ!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント