テーマ:展覧会

古河人物デッサン会

今夜は月2回の裸婦デッサン日だ。 参加者は10名だった。 去年から比べると会員が半減した。 突然の高齢化、若手の病人、夜の車の運転に家族の反対などが理由。 入会希望者を制限しようと言っていた去年に比べると突然の竜巻のように会員が激減した。 それで来週の展覧会も残った会員がフル活躍することになる。 今日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独立展と二季展

スカイツリー線に乗ったら眠りこけて、目が覚めた。 隣の席のお兄さんに「北千住はまだですか?」と聞くと「さっき過ぎましたよ。」 「えー、どうしたらいいの?北千住からメトロ千代田線で乃木坂に行きたかったのに。」 隣のお兄さんがスマホでチャチャと調べてくれた。 「このまま大手町まで乗って千代田線に乗り換えたらどうですか?」 今時の若…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダンボール会社

30日からのデッサン会展の会場の壁として使うダンボールをダンボール会社に作ってもらった。 2メートル×2メートルの大きさで、デッサン会の副会長のTさんの大型バンで受け取りに行った。 しかしそれでも幅2mはOKだったが車の高さがないので、折り曲げて車に入れた。 さて展覧会までの2週間半、どこに保管するかで美術館に相談した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハガキ書き

今月30日から始まる「デッサン会展」のダイレクトメールを、去年来てくださった芳名帳の名前の中から拾って書く。 過去のやめていった会員たちにも一通りだす。 デッサンを続けたいが、夜のデッサン会は運転が怖いので家族に止められて?いやもしかしたら自分でも不安で辞めざるを得ないのだ。 つまり会員の高齢化で今年はかなりの人数がや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まずポスターつくり

ひと月後に迫ったデッサン会の展覧会ポスターを大中小と3種類作る。 と言っても今年は安直にDMハガキを拡大しただけだ。 でも大がA2サイズとなると60cmx42cmでコンビニのコピーでは取れない。 事務機の会社に持ち込むと1枚1060円だ。ヒェー、高い! 大きな決心でカラー版2枚、白黒(でもいいや)1枚をA2サイズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六本木

六本木の新国立美術館で二科展最終日の閉館1時間前に飛び込む。 Gさんは勿論第1室の展示だ。 今回は分かりやすく一層整理された画面と色調もより鮮やかですごく良かった。 さすがだ! 同じく1室のNさんは「アー」って感じだ。 Mさんはどーだったかな? 一緒の友達の知り合いの作品も見て、工藤静香も見て、1階2階、3階まで初めて全部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

縄文時代

縄文時代って1万年もあったのね。 たくさんある火焔土器のうち国宝が6点もあった。 地味な展覧会だと思ったが東京国立博物館は「縄文展」が9月2日で終わってしまうから、大勢の客が並んでいた。 この機会に日本各地から発掘された大量の縄文土器、土偶、土面、などの重要文化財が一同に会する。 少しは気温も下がって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

負けないで

Yさんの個展が最終日だったので、おっとり刀で銀座まで行った。 美しい色彩と独特のテーマで魅力的な作品群だ。 そこに見に来ていた女性のお客が次は六本木の国立新美術館に行くと言うので、見ず知らずの方だけど一緒に行きましょうということになった。 蒼騎展に行くのも同じ目的の展覧会場だった。 名前も知らない同士なのだが、話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう遅い

Tさんの一言で腕組み王女は自分の作品に何が足らないかを理解した。 もちろん直した。 全然違って見える。でももっと後になったらさらに欠点が見えるだろう。 しかし今はこれでよしとする。 さて、京橋のギャラリーで誘われていたアートフェアに出品できるな。 でも締め切りは確か6月4、5日頃だった。無理だと思って案内状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Art Wave つくば展

デッサン会の若手が出品しているので、つくばに行った。 近いと思っていたが車で1時間半ぐらいかかったかな。 デッサン会の副会長のTさんのベンツで王女は楽々助手席だ。 つくばは未来都市のようで、つくば美術館はなかなか素敵だが、駐車場が少し離れた大型で始めて来たらまごつく。 若手のOさんの作品を見て、もう一人の出品者は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地元の展覧会

土曜の午後は合併して古河市になった三和地区での下総美術展に出かけて来た。 デッサン会の若いMさんがDMをくれたので。 初めてMさんの100号の廃屋の油絵を見た。若さが出ていてがんばっているね。 会場は同じ古河市になっているが、三和地区に誘致された日野自動車工場を外から見るもうひとつの目的もあったので、往復2時間近くかか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水彩展

デッサン会の会員の一人が水彩展のDMを配った。 近所の美術館なので、それも今週いっぱいなのでおっとり刀でひとっぱしり。 安井賞作家の水彩の故柳田先生の教え子たちのグループで、水彩連盟展などに出品しているメンバーもいる。 だからイメージとしての水彩画を超えている作品もある。 会場であったHさんはもう古株の方で、以前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リフレッシュした日

新宿で包帯巻きの指導を受けた。 それから上野の東京都美術館にKK子と待ち合わせて出かけた。 新象展に行ったらO先生がいらっしゃった。 先生の作品は第1室で、作品の技法について説明くださった。 KK子は美大生なので、大学の作品課題に悩みが多くて良いヒントが得られたようだ。。 まぁ、可愛い顔したAさんが受付にい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野駅構内のレトロなフレンチ

友達2人と待ち合わせして、駅ナカにあるいつも客が並んでいるレストランめがけて行った。 ブラッスリー・レカン(Brasserie Lecrin)は、昭和初期の旧貴賓室だったそうだ。 12時に行ったら並んで40分待った。 マントロピース、シャンデリア、通路や高い天井がアール・デコ調でレトロ。 広いテーブル、洗練されたウェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野の森美術館大賞展

デッサン会の日にNさんが入選したと招待券をくださった。 「わー、おめでとう。絶対見に行くわ。」 Nさんの作品はとてもユニークで色が美しくて、デッサン会の展覧会でも最初からいいと思っていた。 やっぱりね。 腕組み王女はだいぶ前に何年かおきに3回ほど出品して、1回入選したのみだ。 コンクールに挑戦するって、力の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展覧会ハガキは来る

Dさんの個展の案内状の写真は美しい。 20年近い制作発表時から現在までの作品展示と書いてある。 見に行きたい。 中央線の国立駅だ。 ちょっと無理だろうな。 O先生たちの水彩連盟展が六本木の国立新美術館である。 毎年見ているが今年はだめだ、行けない。 中学時代の同級生のAくんの個展は久しぶりだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナツカシイ昔の友

こんなところに、ウルトラマン?一番王子とお絵かき、ゲーム、おしゃべりして1日が過ぎる。 今日はしばらく会っていない友達のケー子さんからお手紙がきた!ってトピック。 94歳になられたそうだ。4月のNの展覧会に銀座で会いましょうとのお誘い。 「いつもこれが最後になるかもと言いつつ友達と別れるのよ。」と書いてある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀座だ

今日からの展覧会で久しぶりの銀座だ。 花屋の薔薇さえオシャレだぜ。 いっぱいの友達とビールで交歓。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仁和寺御室派みほとけ展

2月9日金曜日。今夜は東京国立博物館は9時まで開館。 K K子と6時前に入館した。 さぞ昼間は混雑したことだろうが、暗くなりかけた上野公園を突っ切ってたどり着いた切符売り場はガラガラだった。 噂以上の真言宗の仏たち。 一般に非公開の仁和寺の観音堂の内部が再現されて、ここだけは写真撮影が許可されていた。 圧倒的な28衆の仏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜の美術館

東京国立博物館の「仁和寺と御仏展」を見たいと思う。 ちょっと調べたら人気で混んでいそう。 友達と相談して、金曜土曜の夜9時まで開館しているという晩に出かけることにした。 少しは人が減ってゆっくり鑑賞できるだろうから。 早く美しい仏たちに会いたい、一刻も早く。 そういう時に腕組城が北関東の東京から遠いロケーシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展覧会とシンポジウム

蒲田で川端龍子の流れをくむ「東方展」は今日が初日。 高頭先生がいらっしゃった。 今度金沢に行かない?って話で盛り上がったが次々のお客さまで早々に引き上げた。 蒲田から新橋下車で日比谷公園の東側、内幸町の日比谷図書館に向かった。 ある美術のシンポジウムが3時半からあった。 話を聞くだけでつまらなかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀座展覧会2件新刊書2冊

同期生の柴育子さんの初個展。銀座1丁目のギャラリー巷房(コウボウ)で8日が初日。 絵本の初出版。おめでとう。5時からオープニングパーティで、先生がたもいらっしゃった。 「山口長男☆野見山暁治と実専展」銀座1丁目の銀座ギャラリームサシにて。 知り合いのI トシオさんが在廊で野見山先生の新刊本が出て、今日先生が見えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野見山暁治展

KK子と穴八幡から池袋に出て、池袋から西武池袋線で「中村橋」の練馬区立美術館に向かった。 練馬区立美術館の野見山暁治収蔵作品展が20日から始まっていて、名誉区民顕彰記念の展覧会で無料になっていた。 初期の1942年の特別出品から2009年の小さな銅版画まで並んだ。 特に初期の作品に興味があったので、紙にガッシュとイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

めでたくデッサン展終了

毎日デッサン展の会場に通った。 思ったより観客数が伸びなかった。 しかし、「めでたく終了」と言いたくなる展覧会だった。 来てくださった一人一人が(全員ではないが)価値のあるお客様だった。 過去の在籍して辞めた人たちも大勢見えた。 この展覧会を見たら「いいデッサン会だ。」とみんな羨ましがる。 どの作品に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デッサン会展5日目

12月2日土曜日は展覧会の懇親会&反省会だった。 明日は最終日で作品の搬出のために車で来る会員が多いから反省会はその前日の今日が例年の決まりだ。 出品者16名のうち懇親会の出席は12名だった。 だいたい毎年このぐらいの人数でいつもと同じ駅近くの蕎麦屋の2階だ。 みんなから女性二人の会長、副会長の諸々の準備や用意周…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デッサン会展3日目

展覧会3日目にして初めて小雨が降った。 展覧会はいつも通りの人出だが、大好評で「確かに圧倒的ですね。」とか「見ごたえがありますね。」とか好評で、滅多にない展覧会となった。 一度部屋に入ると、なかなか外に出てこられない。長時間見てくださる客ばかりだ。 それでも手伝いの会員は少なくて、ほとんどデッサン会長と副会長のTさんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デッサン展初日

ムービング デッサンが1000点には若干足りなかったが、ほぼ1000近く。 新規会員が一人加入。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デッサン展、展示作業

デッサンばかりの展示作業で、9時から4時半までかかった。 美術館が本日空きなので作業に使わせてくれた。 10人ぐらいが参加して、天井から床まで壁という壁をデッサンで埋め尽くした。 天井までのステップは、怖くて登れないので男性会員が上り下りして展示してくれた。 ゆうに1000点を超える裸婦デッサンが集まった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日の準備

朝8時から夕方5時まで、明日のデッサン展の準備にかかりっきり。 やっと全てのものを車に運び入れて、一安心した。 ストレスだー。 5年に一度だけ、デッサンだけの展覧会をする。 例年はデッサンと普通の額入りの本画の展覧会なのだが、デッサンだけの展覧会は他ではあまりやっていない。 絵の好きな人は、ずーっと会場から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展覧会四つ

明日1日かけて展覧会回りしようと思っていたが、今日はwalkingのあと、思い切って出かけることにした。 さすれば、明日が自由時間になるから、朝のwalkingも参加できるじゃないか。 代官山で版画のグループ展を見て、銀座で昔からの知り合いの59回目の個展。 大作が何点が赤丸付きで景気がいい。 すぐ近くで版画の友だちの個展を見た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more