テーマ:ご近所

高齢の友人

久しぶりにおキクさんのところに顔を出した。 おキクさんは転んで肋骨を2本骨折していたんだって。 「エー、それで?」 転んで1週間ばかりは痛いので湿布の塗り薬をつけていたけど、やっぱり辛いので医者に行ってレントゲンを撮ったら骨折だって。 「そんなふうにしていて大丈夫なの?つまり入院とかしなくて。」 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏祭り終わる

昨日台風6号が三重県に令和発上陸。 今日のお祭りはどうなるのかと思っていたら熱帯低気圧に変わって雨も風も影響なかった。 急に気温が上がった午後4時には祭りのお神輿(担ぐ人がいないので、車に乗せられて)がお通りだ。 近隣の住民が三々五々通りに集まって、お賽銭箱を担ぐお兄さんにお賽銭を投げ入れる。 町内の役員たちは半…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自家(他家)菜園

walking の帰りにマツモト屋のお姉さんに呼び止められた。 彼女が育てた自家菜園の野菜をくださるという。 お姉さんと心の中で呼んでいるが腕組み王女より年下だ。 マツモト屋は子供相手の駄菓子屋だが毎日は開いていない。 店と住まいの南側に広い庭があって、たくさんの野菜を自分用に育てている。 今日は、美しいき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花火大会

500メートルもない河川敷で恒例の花火大会があった。 2万発の花火という触れ込みだが、間隔が空きすぎで見ていて飽きる。 そして1時間半ぐらいのものだ。 でも花火大会だから、K子も美味しいワインを持って駆けつけ、久しぶりで飲めや歌え?の晩餐会となった。 7時半の花火が始まる頃にはもう4人は“軽く”出来上がっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尋常でない

今日が日本列島の梅雨明けなんだそうだが、毎日の暑さは、ただの暑さではない。 クーラーの効いた部屋から外を眺めれば、風にそよぐ緑の木々と青空がいつもの夏のように見える。 でも八ヶ岳でも気温が高く夜でも温度が下がらずにクーラーを設置する家庭が続出していると聞けば、尋常な夏ではない。 夜中になっても気温が高くて、2階の廊下の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お礼に三ツ矢サイダー

頼まれてから4、5日経ったがおキクさんのブラウス?を探して、買って持って行った。 襟があまり開いてなくて、涼しくて、腰の長さまでの丈で美しい色でない、おばあさんが着てもいいような上に着るもの。 結構探すのは難しかった。 おキクさん本人は美人なのに、おばあさん色と柄物が似合っていると思い込んでいる。 以前頼まれた時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親子って何だ!日本の政治って何だ!

腰の曲がったお向かいのKさんは86歳ぐらいだろうか? 夫は大威張りで90歳。 二人ともシャンシャンとは歩けない。 で、近所に住む定年退職している息子がくるまで買い物をしてくれる。 医者関係も息子が来て車で連れて言ってくれる。 最低限はやってくれるが用事が済むとすぐに帰って行く。 これが娘だったらお茶で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歩く練習

日曜美術館のテレビが見終わったので、お向かいのサダオさんのところに行く。 大腿骨骨折→手術→2ヶ月のリハビリ病院→退院でサダオさんはホッとしてテレビの前に坐っている。 でも腕組み王女は「さー、歩きに行こう。」とサダオさんを誘った。 家の中を歩いているからちょっと渋ったが、「外の太陽を5分、10分浴びるのは骨に良いのよ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いなり寿司

サダオさんがおいなりさんを食べたがっているというので、病院まで車で15分ぐらいなので近所のだんご屋で買って持っていった。 午前中のリハビリ訓練は終わっていた。 ちょうどいいから廊下を歩行器を使って一緒に歩く。 廊下を1周したら、談話室の片隅で移動床屋が来ていた。 おしゃれなサダオさんは床屋にかかりたそうだったが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年を取るということ

サダオさんの病院からの帰りに、おキクさんのところにその報告もかねておしゃべり(特におキクさんの話しを聞くのを旨としている)にいった。 そして話しのついでに今晩の夕食はなに?と聞いてしまったら、買ったものばかりのメニューだ。 1品でも作ったものを食べさせたくて、ポテトサラダを作ってあげようとお城に駆け戻った。 おキクさん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自由な日曜日

夕方おキクさんのサロン(昔はそこは八百屋の店先であったが今は全部片付けて、椅子など置いて通りがかりの人たちがお喋りする場所になっている。)を濡れ新聞を撒いて掃き掃除した。 おしゃべりに行ったら、コンクリートの床は綿埃が目立っていたのだ。 腰の悪いおキクさんにはサロンの掃除は大変だと思ったから、よく版画工房の掃除で濡れ新聞を撒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くじに破れる

雨のなか、市の美術館に6ヶ月後のデッサン会展の場所の申込みに行った。 競争がなければすんなりスケジュール通りに展覧会が出来るのだが、今回も他の会1組が来ていたので、くじ引きになった。 腕組み王女はこのくじに勝ったことがない。 1/2の確率なのにまた負けた。 腹の立つ。 今回ダメだったので次の計画としては11月の第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大腿骨骨折

サダオさんの入院の病院にお見舞いにいった。 ベッドはカラで「大腿骨骨折」の札がかかっていた。 サダオさんはシャワータイムだった。 こざっぱりした顔で病室に戻って来た。 手術してから4日過ぎた。 しきりに今日が何月何日の何曜日か気にしている。入院して何日目かがはっきりしないらしい。 医者から術後2週間ぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more