テーマ:絵画生活

ダンボールと紙と

2013年はダンボールの展覧会を、東京の京橋と地元の古河で開いた。 11回目の個展。古河の蔵のギャラリーで作品と蔵の色調がプリミティブな雰囲気をかもしだしていた。見る人には印象的な展覧会だったが1点も売れない展覧会だった。 そして12回目の今回の個展。 「the sea」117×91cm…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2005年からの個展

5回目の個展2005年は文化庁の芸術家研修の後の独自の表現を模索する旅の始まり。 今は安井収蔵先生の言葉も懐かしい。 8回目の個展、2007年は前年に介護中の父を亡くし、アルツ女王さま(母上)の介護の日々だったが女王さまも会場に来てくださった。 作品は線が消えて、だんだんぼんやりした、無彩色になっていった。 9回目、同年の2ヶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

21世紀に入っての個展

白地の作品が出てきた。チャリティでミニの絵をたくさん描いたら、白内障になった!でもアフガニスタンの難民孤児に寄付ができた。 2004年6回目は墨の個展で介護しながら1年かけて墨に挑戦した。魅力的な仕事だった。 墨は底なし沼のような恐ろしさもあった。今ならもっと冒険が出来るかも。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すったもんだの第1日目

19日、学生寮に入った。前日に寮の予約日を間違えていたのに気がついて、焦った。 いつもの武蔵小金井の女子寮に空きがあったので、日程変更出来た。 前の週ならどこもお盆休みで、こうスムースにはいかなかったろう。 早速ブログろうと思ったら、iPhone用のIDとパスワードがわからない。 いつも自分のPCでやっていたから、スグ繋がるが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道、凍結で外に出ず

昨日の午後は大して気温も下がっていないと感じたが夕方からみぞれ、そして雪になった。 夜中に北の小窓から外を覗いたら屋根にうっすら雪がのっているが、車の通る道は雪も見えなかった。 しかし今朝の通りは雪は少ないがツルツルに凍っている。 朝のWalkingは取りやめ。 朝から晴れたが、午後3時過ぎても道路の北側半分は凍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これからお出かけ

笠間殿下のご一家が昨日まで1泊2日の御滞在。 笠間王子は相当利発になられて動きも機敏で休む暇なし。 お酒も飲まなきゃならないし,御馳走も作らなければ行けないし、やっとお帰りになられたので、腕組み王女は今日から杉並区の八幡山のY家に3日間のお泊まり。 Y家の二人姉妹のお宅でお世話になりながら学校のスクーリングに通う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒いねー、今週の予定は

今日の柔道場での「ストレッチ アンド ピラティス」の寒かったこと! ヨガマットを敷いて、ストレッチなどあまり動きの無いインナーマッスルを鍛える運動だから体が温まらない。 足が冷たくて、久しぶりの寒い冬の日だった。太陽も出ていなかったし。 帰りにドラッグストアでホットカイロとかホカロンとかそんなネーミングの服の上から貼る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エー古新聞下さーい

80号のコラージュがうまく行かなかったので、その上に全く違う形を新たにコラージュして行く。 それで新聞のカラー写真がいっぱい欲しい。 友達に声をかけて「読売新聞」「産經新聞」を特にたくさん集めた。 不景気なせいか以前より新聞のカラー写真は減って来ている。 それでも、他誌と比べると読売と産經新聞はたくさんのカラーペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンデス音楽

音楽を聴きながらドローイングするという宿題をやった。 おおくの学生はクラシックの名曲を題材にするようだが腕組み王女はアンデス音楽にした。 ペルーのマチュピチュの麓の村、アグア・カリエンテス(日本の温泉町のような雰囲気の村)のちょっとした食堂で演奏していたARUMAⅡというグループのアンデスのフォークロアが気に入ってCDを聴く…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

裸婦デッサン会も気忙しい

デッサン会の展覧会がひと月後に迫って来た。 その展覧会の係はH前代表がやってくれることになっていたが、最近急がしそうでデッサン日にも欠席しがち。 準備を確認したら、ちょっとHさんは無理な忙しさで何も進んでいなかった。 代表の腕組み王女と副のTさんで(二人とも女性だが)、今まで40年近く続いて来た男性中心のデッサン会も変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more