テーマ:描く

わたわた、そわそわ

明日こそ、今月入学した専門学校に朝一番で行こう。 本当は先週に顔を出さねばならなかった。 専門学校の方は先生はいたり居なかったりだから、工房を借りてリトグラフ版画の自主制作をしていくというものだ。 そのための、制作予定や準備や心づもりが必要だ。 一番肝心なのは、どんな作品を作っていくかの方向性を決定する事だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

描いている時が楽しい

上野の東京都美術館で「新象展」のO先生とTさんの作品、そして「大調和展」チヨ一さんの作品を見た。 さすがO先生はまたまた広がりを見せた。Tさんはちょっとわからない。チヨ一さんは今の最新の事件を扱っていて、ますます色彩が研ぎすまされた。 KK子と文化会館の前で落ち合って、上野駅の2階のレストラン街で寿司のランチ。 1階に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マジで大量の絵を描く

4年生になるとある程度でお茶を濁す絵はだめだ。 BFKというリトグラフ版画用の紙を大量に買っておいてよかった。 安い時に1枚1600円ぐらいで、大小合わせて100枚ぐらい買っておいた。 その紙を惜しげも無く半分に切って、ドローイング用に使っている。 厚手のBFKはジェッソと言う下地用メジウムを塗ると、一層しっかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎市民ミュージアム

それは、川崎市の等々力緑地にある。 武蔵小杉の南武線改札口からバスで10分ほど乗る。 中に版画アトリエがあって一般公開している。 予約をするとアトリエを使わせてもらえるからリトグラフ版画の制作が出来る。 市営の施設なので、使用料が安い。 開放日が日曜なのも都合が良い。腕組み王女に取って、スクーリングがなけれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドローイング

すっかりドローイングにはまっている。 立派な版画用の紙を思い切り贅沢にドローイング用に使っている。 キャンバスの下塗り用ジェッソを紙に塗ると、乾くと、アクリル絵の具などとてものりがいい。 しっかり上に上に絵の具が載せられる。 そうやって絵を重ねて描いていくうちに見えて来るものがある。 もう6年ぐらい油絵を本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドローイング3点

まだまだ合格しない「版画Ⅴ」の再再再提出のためのドローイング3点を紙を大きくして描いた。 描くことが好きだから楽しい。 ただ合格しないのが困ったもんだ。 心が変な感じなのだ。 不合格で困ったと思うけど、そんなに困っていない気分。 早く合格して次に進まなければ行けないのだが、そんなに焦っていないのはどーして。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

背中をおされて

清水の舞台どころか、断崖の縁から背中をおされて、「あわゎー」と落ちまいと両腕をぐるぐる回してバランスを取ろうとしている. ここはどうしても飛び降りなきゃダメなところだが、怖い. リトグラフのN先生がニコニコしながら背中をどづく。 それで腕組み王女は少しだけ飛び降りてみる. まだまだ足りない. 足りない? ま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

能力が無いから忙しいのか

朝, 友だち4人と 1週間ぶりの Walking. お城で 久しぶりのゆっくりした昼食のあとから油絵の20号を描く。 5時に 終わらせる。 それを写真に撮って、モノクロにプリンターを使って、焼いてみた。 殆ど真っ黒になって,白黒の明暗がはっきりしない。 これは学校に提出する物だから, 明日はカメラ屋に持って行って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エキサイティングな3日間

やっとスクーリングの3日間が終わった。 一番は疲れた、だけど精神的に充実で楽しい3日間が終わった。 ヘベレケ王女が夕食を作って待っていてくださった。 エーイ, 発泡酒だけど飲んじゃう。 まず早く寝ること。 それに限る。 3日間で1枚のデッサン、「点と線」で自由に描く・・・の授業より 写真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本橋三越をスケッチ

T先生が日本橋三越で日本画の個展を開催中なので、見せてもらった。 特に1点(洞窟の絵)が言いようも無く美しかった。評論家たちの評判のいい作品だそうだ。 銀座の歩行者天国をスケッチしようと思ったが、この三越本店のロビーの6階までの吹き抜けが素晴らしいので、グルリと回り廊下になっているような5階の手すりのところで下を覗きながらス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガラクタを絵にする

無機質な物、たとえば、タイヤやホースやガラスや浪板スレートや金属部品や針金や、つまりガラクタを適当に並べて、絵にする宿題。 線で、また面で画面を作るのだが、「あー、簡単、午後いっぱいで描ける。」といつものように、安直に考えたが、そうは問屋が卸さない。 午後では全然仕上がらない。 せっかく、お向かいのおキクさんちの倉庫(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リトグラフ教室第4回目

作品のテーマを絞りきれずに悩み切っていた。 「石」をモチーフにしようと悪戦苦闘。石は何か哲学的で歴史的で、時間をも含んで、地球的でもあるし、で、石をいくらスケッチしても、面白くもおかしくもない。 気分転換にニューヨークスケッチの下絵を描いて、ついでにアルミ板にそれを写して、学校に持って行って先生に見せたら、「こっちの方が面白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭石の話

3日分の風邪薬も飲み終わり、鼻声だが体調は戻りつつある。 昨日に引き続き1時間半の Walking をやり、今週の貯金は2日分で200円になった。 明日のリトグラフ教室の準備で 「自然を描く」がテーマなので、庭石を10枚近く スケッチし、それをもとに下絵を2枚書いた。 面倒なので画材はパステルとガッシュの水彩絵の具でチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうする?明後日のデッサン会

明後日土曜日は雨か雪でかなり降りそうな天気予報が出ている。 月2回のデッサン会の日だ。 すでに来てくれるモデルと連絡も取れているが、雪なら車の運転はいやだ。 しかし車でないとデッサン会に必要な電気ストーブ2台、毛布類3枚、クッションなどの荷物を会場の公民館に運べない。 副会長のTさんに電話して、荷物をどう運び込む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨夜のデッサン会

新しい会員が毎月1~2名づつ入会している。 腕組み王女はお顔と名前が覚えきれない。 来てくれるモデルの名前も覚えきれない。 しばらくぶりで会計のSさんに会費を払おうとした。確か12月分まで払ってあったような? 聞いたら、「腕組みさん、去年の9月から会費が入ってないよ。」と言われてしまった。 えー、ごめん、ご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古典絵画技法

今日からクラス替えで古典技法て絵を描く。 この技法は思いがけず新鮮だ。裸婦を3日間でグリザイユで描く。 あと3日間で透明油彩で色をつけて仕上げる。 去年からの友だちにたくさん会った。誰と話していいか迷ってしまう。 面倒だから皆紹介して、一緒にランチ。 そして試験などの情報交換。まず第一日目終わった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1週間が終わり、一時帰宅

アートキャンプの6日目は最終日で、15時間以上描いた木炭デッサンと同じぐらいの時間の早描きの油絵の講評が午後からあった。 まぁまぁの出来で各80点だった。長年デッサンをやっているから先生には分かってしまう。教えずらいことだろう。 鬼のように(古い表現だが)疲れて,帰りはクラスメートと国分寺でご飯食べて別れた。 古河…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

18時間デッサン

午前3時間を6日間、つまり18時間もモデルがひとつのポーズをとって木炭紙に木炭で描く綬業。普通は2時間で描く。描いては消し、直してはまた描く。 紙も真っ黒、しかし描けるもんだね。 午後は同じく、ポーズを変えて18時間の油絵25号で仕上げる。 あと1日で( 絵画Ⅱ)終了。寮で夕飯たべた、入浴した、9時だけどお休みなさい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩塩(シオ)あめ

熱中症予防に。 スクーリング頑張っているから、自分にごほうび。 モンゴルの岩塩から飴を作ったんだね。 四角い氷砂糖のような半透明な美しさ。 毎日ブログって暇そうだって? 今、洗濯中。寮の各階に洗濯機が1台づつある。 やっと4階の洗濯機が空いてたのでほっとしているところ。 あと10分で終わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝のアイスコーヒー

45分も早く学校に着いた。 パン屋でアイスコーヒーを入れてもらって外で一人でのんべり。 120円だけどまずい。 本日は裸のモデルがポーズをとり始めても、遅れてくる学生が教室を出入りするので、「始まったら鍵をかけて下さい」と要求されてしまった。 途中、午前と午後に出欠をとる。3回パスすると、その科目はパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そば屋の老夫婦の客とS診療所の絵

バタバタしながらも、Walking の後お城を出た。 行き先は坂東市坂井のS診療所だ。 途中で人気のそばや「境屋」できのこ天そばの昼食。 タッチの差で席が取れて,食べ終わる頃は店は満席で並ぶ人が出ていた。 突然話が逸れるが隣りの席に折れそうなほど腰の曲がった細ーいおじいさんと、たぶん奥さんだと思うが大柄のおば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

焦らなけりゃいいんだ

そうだ、焦らなければ辛くない。 たとえばサ、今やっている段ボール絵も個展に出そうと思うから疲れるのだ。 個展と思うだけで「うまくやりたい、失敗したくない!」って気持ちがプレッシャーになる。 せっかく「楽しい,おもろい、やっていて夢中になる!」ってのが制作の極意と理解したのに、見に来た人がどう思うか?ってことが気になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デッサン会展下準備で

これが今年のデッサン会展に出す、デッサン画を3.5mの長いクラフト紙に貼ってみたところ。(写真をダブルクリックしてからもう一度クリックするとズームアップして下のほうの鉛筆デッサンは見える) この1枚のクラフト紙に20枚ほどのデッサンが必要だった。 腕組み王女はクラフト紙3枚と美術館の展示室の出入り口の上から天井までの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごった返したアトリエ

やっとすったもんだの100号(162cm×131cm)の段ボール作品(と呼べるかわからないが)を"仕上がり"と決めた。 大きいのでたわみをどうするかが大問題だ。 取りあえずは大きくて重いパネル作品がアトリエの壁に立てかけてあるので,その間にはさむ事にした。 万力というのだろうか?それでパネルとパネルを固定して、段ボール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクリル絵の具

段ボール紙に水彩絵の具を使うと、色が安定しないから、本日は水彩絵の具を断念した。 絵の具用引き出しから以前に買ってあったアクリル絵の具を出してみた、使った。 絵の具の色が足りない! 台風17号が夜にでも関東地方を直撃か?と言われている今日だが、まだ午後3時過ぎでも陽が出たりしているので画材屋に飛んでいった。 絵の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重たい気分

画材を変えた作品がうまく行かない。当たり前かもしれないが。 やっと習得した油絵のマットな絵肌の静かな質感を捨てて(捨てる訳じゃないのだけど)次の新たな航海に乗り出すってのは確かに大冒険だ。 やっぱり、頭で思っていた事と、実際にやってみる事とは違うのだ。 自分ではいいと思った楽しげな段ボール作品を玄関の正面に飾ってみたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

段ボールが来た

注文しておいた段ボール板紙が来た。段ボールだらけだ。 キャンバス100号サイズが3枚,50号、30号サイズ各2枚。 厚さが8ミリのもの。 軽くて、いいね。もう油で描く必要ないかも。エコだし体にもいい。 カット面の波形が美しい。 さて、コレに絵を描こうと思ってワクワクして注文したがその…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ギャラリー檜、京橋にて

8月一週目のギャラリー檜のArt Fair の出品作が売れたので代金を受け取りに行った。 その展覧会は一度も顔を見せず申し訳なかったが紙の作品でコラージュだったから値段も有って無きが如しで、交通費や出品料や額縁代で足が出てしまうようだった。 でもそういう事は問題じゃない。ほんの雀の涙(画料の3割)ほど画廊に貢献出来たのも良か…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

キャンバスバッグが戻って来た

色彩と感情をテーマに制作。その1:ケント紙に水彩 その2:水彩 その3: 段ボールの表面を一部はがし、台に乗っているグレープフルーツやリンゴやピーマンをその2に続き描いた。 3日目には段ボールの破け目から見える溝に絵の具を流した。 先生方が「暗に(そのお年で)次々に変わる発想には驚きます。」トノコト,ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多色刷りの版画

次は多色刷りの版画に挑戦。 「顔」は難しそうなので,前に油彩で数年やっていた引き伸ばされた人体のデザイン化された形をやってみる事にした。 油では微妙で繊細な色が美しかったが、イマイチ迫力には欠けた。 迫力のある絵が良いとも限らないし,その微妙さがその時の自分にぴったりだったのだが、しかし決定的にいいとは言い難かったのも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more