腕組王女のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS きら星の如き芸術家集団

<<   作成日時 : 2006/07/08 15:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私は、文化庁芸術家在外研修員の会:在研会の会員の一人だ。

文化庁が芸術家を海外に留学させる制度で研修員となった人たちで構成されている。その芸術分野は美術、音楽、舞踊、演劇映画、舞台美術、アートマネージメント、の六分野、パレエ、モダンパレエ、日舞、演出家、俳優、監督、舞台監督、舞台照明、音響効果、舞台美術、、プロデューサー、日本画家、洋画家、版画家、彫刻家、写真家、指揮者、楽器演奏か、声楽家、作曲家、建築家、鋳造作家、衣装、メーキャップアーティスト、メディア芸術家、 とんと分野が違うとわからないのだが、約40年前の一期生、美術の奥谷博先生、音楽の若杉弘先生、舞踊の横井茂先生、増見利清先生の4名から始まったそうだ。
 2002年で派遣された人は1604名でこのOBの会が在研会という。3ヶ月ごとの在研通信や、HPに会員たちのオペラの公演や、展覧会や舞台や、コンサートのお知らせがたくさん載っている。有名な人、売れてる人、無名の人、会の名簿にもわからなくなってしまった人、たくさんいる。しかしほとんどが、こつこつと自分の道を長く努力し続けてる人たちと思う。文化功労賞をいただける人もいれば、道端にのたれ死ぬ芸術家だってたくさんいると思う。
 自分の個展の展覧会で見に来てくれる人が少なかったり、言われたい放題に頭にくる批評を聞かされたり、そんな時、気持ちがめげるが、
私だけではない。みんな、多かれ少なかれ孤立無援で素手で戦うアーティストなんだ。どんな結果であれ自分の道がある人は幸せだ。っと、思うことにしている。
 私?、2002年にニューヨークに3ヶ月。も少し若ければ1年滞在だったのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
きら星の如き芸術家集団 腕組王女のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる