イスラエルでの雅さんの展覧会

在外研修員の会の会報が来ていたがそのままに放り置かれていた。

アルツ女王様が朝のお目覚め前の時間にやっと開封して読み進んでいたら、友達の雅さんの投稿文が載っていた。

そうそう、彼女は去年のメールで今年はイスラエルの美術館からオファーがあって、展覧会をするかもしれないといっていた。

彼女は熊谷雅さん、紙による造形作家だ。

彼女の個展は東京で2度きり見たことがない。

紙の多様性、豊かさを実感させる興味尽きない展覧会をやっている。

イスラエルのティコティン美術館の1室で紙作品のインスタレーションだそうで、7ヶ月に及ぶ展覧会だそうだ。

王女には想像も付かない。

でもいろいろ想像しながら、小熊のように可愛らしい雅さんのお顔を思い浮かべながら
アルツ女王さまにご朝食をスプーンで一口一口お口に運び、デザートのリンゴをすって差し上げた。

この決定的な、雅さんと腕組王女の置かれた状況の違いはなんだと思いながら。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック