某宝石屋のセール

絶対  お金がないから  宝石のセールに出かけても何も買えない、と固い決意で、  ホテルの  セール会場に行った。

それならなんで行くのだ  と言われそう。

まず、仲良し  5人組が久しぶりにそこで顔を会わせるということ、宝石屋さんが 前からの知り合いで、  腕組王女の絵を好いて下さっていること、手持ちの大粒の  黒真珠の指輪が古臭いのでデザイン変えを考えていて相談したかったことなど、セールに行く理由があった。

宝石屋のTさんは   そっくりなお兄様とご兄弟でご商売をなさっていた。

Tさんは以前に王女の絵を買ってくださったときに(もう何年前だったか?) 「一部残金は宝石で」と言われたが、宝石に興味がないので「それじゃ結構。宝石は要りません。」と申し上げていたが、其のことを忘れていなかったTさんは封筒に7万円を入れて絵の代金の残金をお支払いくださった  。

 思いもかけない  入金でちょっとした小物の「ダイア入りのピアス」、「小粒のさんごのネックレスの中央に黄色い10ミリ玉ぐらい真珠が一粒、  腕時計と3点を約15万円くらいで買った。

でも実際お財布から出た金額は8万円だけなわけで、セール前の売値は30万円ぐらいだったからつまり、30万円を8万円のお支払いで済んですごく儲けた  感じ。

だって絵のお代金をいただけるなんて期待してなかったから、買うべき品物じゃなかったかもしれないが買った  。

絵が取り持ったピアスやサンゴのネックレスだから物を大切にしない王女も少しは心を入れ替えなきゃいけない、無くさないように。

不思議なのは宝石が  ずらりと並んでいても心が全然ときめかない 

「わー、欲しい!」とも思わない、今の心境。どうなっているのだろう。

でも、ン百万、ン千万のダイヤモンドを買おうかという場合はどきどきするのだろうね、きっと。

したがって写真に載せるほどの品物じゃないので適当に想像してください。


友だち5人で     お昼ご飯をわいわいおしゃべりしながら食べて、「花より団子」ならぬ、「宝石よりおしゃべり」の楽しい一日でした 


ちなみにセールの会場が御茶ノ水の小さいが古い「山の上ホテル」でちょっと雰囲気が良かった。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック