さらに室内洗濯干し場を作る

空気中の放射能が心配で洗濯物は外に干さないことに決めた。

もともと城内に十分な洗濯干し場をコンピューターやピアノが置いてある通路にあった。

その場所だけ天井が高くなっているので巻き上げ式の干し場を作っておいたのだが、さらにアトリエの高い天井も利用して長い洗濯竿をぶら下げるようにした。

画像


そこにはシーツとか大物が干せる。

お城というより木賃宿のようだが・・・・



腕組み城はソーラーハウスで室内が普段から乾燥しているから一日で乾く。

そういえばお城の窓から附近の家々を見渡しても庭に洗濯物を干している家は無い。

いつまで続くのだろう、この生活も一種の避難生活だ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック