第1回古河の絵画美術展

展覧会を開催するのに案内ハガキを準備しないとはどういうことだと美術館に文句を言ったせいだろうか?案内ハガキが急遽作成されて美術館から20枚ほど送られて来た。

展覧会が始まってから16日が過ぎた頃。

画像


裏に第1期と第Ⅱ期の出品者名と作品題名が入っていた。

美術館側は最初は市の広報便り(月2回発行)に載せるだけのつもりだったようだが、それでは狭い地域の人が(もししっかり広報を読んでくれた場合)分かるだけだが、出品者がどんな人たちかとか、どういう目的の展覧会か?とか休館日はいつかなどがしっかり伝わらない可能性がある。

古河市以外の人に見てもらう気は無いらしい。

第1期の期間が1ヶ月半以上あり、その後第Ⅱ期が1ヶ月以上あるのだから出品者としては案内ハガキはもちろんパンフレットのたぐいも準備してもらいたいぐらいだ。

ギャラリートークだって有ったっていい。

ま、あんまりうるさいことは言わないで第1回目と言うこともあるから、しかし古い作品を出す人には困ったもんだ。

何度も見た絵がまた出ていたよ。描けないなら出品辞退しなきゃね。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック