やっぱりスポーツジムに行こう

痩せるのは二の次だ。

筋力の衰えが問題だ。

瓶詰めの蓋が素手で開けられなくなった。

どうも右親指の付け根のあたりが痛い。腱鞘炎の類だろう。包帯巻きが毎日あるので、指を使いすぎているのだ。

膝が階段の上り下りにすこしだけ痛い気がする。

たまに腰痛を起こす。すると腰を屈めずらくなる。いまのところだいたい3日で治るが。

立ち振る舞い、体の動きが愚鈍になって来た。

機敏に飛び跳ねたり出来ない。

縄跳びもできなくなった。体が重すぎる。

駆け足も無理。

多分両足に巻いている包帯で使うべき筋肉が動いていないと思う。

どげんかせにゃいかん。

自慢できるところだってあるんだぜ。

永年温泉水(硬水)を飲んでいるせいだと思うが、骨が丈夫なのだ。

大学の体育の時間に先生から「貴女の年齢(当時60代)では、大学始まって以来の骨密度です、寝たきりになりません」と言われたのだ。ウォッフォン!

でもこれからは骨折だってあるかもしれない。

ジムで痩せるのは難しいだろうが、今より筋力を鍛えることはできるだろう。

なんとか普段の生活に織り交ぜて、自分でも「ジムに通っている!」ってことを忘れる方法はないものか?

「通っている!」と自覚することはつらいから、気づかないうちに生活に溶け込んでしまっているといいのだけど。


この記事へのコメント