版画のワークショップ

友達の工房で「版画の転写法」のワークショップがあった。

参加者が多く工房がいっぱいになった。

えー、腕組み王女は知らなかったが、大学の恩師のN先生もお見えになった。

教えてくれたのはF版画研究所のSさんで、チャイナペーパーなるものの作り方から始まった。

そのペーパーにアルミ板に描いた製版し終わった絵を写す。

写した絵を、何も書かれていないアルミ板に水で貼り付けてプレス機でプレスする。

チャイナペーパーを剥がすとアルミに同じ絵が転写される。

この作業で12名の参加者が試して見たりで4時間以上かかった。

5時15分ごろから、工房の作業台の上に次々料理とワインが運ばれて、パーティが始まる。

SさんとN先生が参加してくださったので、主催者のNさんがパーティの準備もしてくださっていたのだ。

N先生とは卒業後はなかなかゆっくりお話しする機会がなくて、今度こそ卒業後の王女の作品をゆっくり見ていただこう。

5月の個展には行きますよとおっしゃっていただいた。

よーし、がんばろう。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント