女子は使える

デッサン会展のポスターは今年は20代の本物の若手女子のFさんがデザインを考えてくれることになった。

必要な項目はこれこれを入れて、見た目は「人の目を引く、行ってみたい展覧会だなと思わせるデザインで考えて」とお願いした。

土曜日にお願いして、月曜日にだいたい出来上がってラインの写真で送ってくれた。

若干の手直しがあって、直したものを副会長のT女史に送ったら、彼女もOKをくれた。

パソコンでプリントしたら隅の方の文字が見づらい、会期の文字をもう少し大きくなど注文し直したら、即直したものを今日18日に送ってきた。

これOKでしょう。


IMG_4013.JPG




明日、コンビニでできればB3サイズ、だめならA3にコピーしてすぐに展覧会会場の美術館に持っていく。


去年まで事務機の会社に手作りのポスターを運び込んで手直ししながら数枚のポスターを作っていた。

数千円の代金がかかった。今年は数百円で済みそうだ。

我らの裸婦デッサン会は男性会員が多いが、腕組み会長以下MとF副会長が女子でポスターを手伝ってくれた若手のFさんも女子で、実に仕事が早くて確実だ。

デッサン会の女子はその4人だけなのだがそう言っちゃなんだが全員有能。自画自賛?

どう考えても女性の時代になったと思う。