山口賛治さん京都で個展





湖や沼の絵が素晴らしい山口さんから個展のお知らせが来た。

どこの会場でも山口さんの作品は遠くからでもすぐ分かる。すばらしいのだ。

確か彼は80歳近いはずだ。

画集の第二弾出版記念展が京都文化博物館でとある。そのあと中小作品展も1週間大丸百貨店京都である。

すごい!!すごい精力的だ。

もう確立された画家なのにコンクールなんかを観に行くとYさんの作品に出会ったりして驚かされる。

ところが中の案内書に「去年の10月と11月に2度の病に倒れ3ヶ月入院・・・今も療養している」とあった。

彼は「12の個」の最初からのメンバーで作品は実に彼の人間性そのものを表現している。

清潔で粘り強く、重厚で穏やかかつ意欲的な冒険家と言えよう。

大好きな絵描きだ。

この度は武漢コロナで行けないので、図録だけでもほしいと手紙をしたためた。

必ず復活してください。

お近くの人はチャンスがあったら観てください。



「湖沼山河」山口賛治作品集Ⅱ出版記念展
 3月17日(火)ー22日(日) 京都文化博物館5階

中小品展 4月8日(水)ー4月14日(火)、大丸百貨店四条高倉京都展6階



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント