待望の梅雨明け




長ーい、雨でした。

毎朝雨戸を開けると、雨、雨、曇りまた雨。

8月1日の土曜日にピラティスの帰りに梅雨明けを知りました。

だいぶ前に数時間陽が出た日に梅干しをザルにあげてちょっとだけ外で干した。

それからまた雨で室内で2週間近く待避保管状態が続いた。

今日はやっと本格的に太陽の下で乾燥させた。

出来の悪かったきゅうりが一気に大きくなった。

ミニトマトは葉が枯れ始めて怪しい雰囲気。

なすはダメかと思っていたら小さな実(10cmぐらい)が4,5個付いている。1個取ってきて味噌汁に入れた。

友達が野菜の高値、特にじゃがいもが1個100円近くすると嘆いたいたけど、フ、フ、我が家は自家製のメークイン(3,4cmの小粒だが)を味噌汁に入れた!

毎朝2本ぐらいのきゅうりが取れて、味噌つけて食す。こころ豊かだ。

コロナ生活にもだんだん慣れてきてイライラも減って希望がなくてもいいじゃないか・・・

腕組み王女は面白いことが好きな女だが、それがなくても少なくても心は少し楽しめている気がする。

さてお隣のヘベレケ城のキッチンリフォームがあと数日で終わる。楽しみ。

月の王子の新築マンションは入居前に大々的に改造したのに1年後はさらにカッコよくリフォームが同時期にされたようだ。

みんな気分転換したいんだぁ。

腕組城は、そうね室内に洗濯物がたくさん干せるように改造しようかそれともガレージ内にじゃがいもや玉ねぎをぶら下げる干場をつくろうか?