ピラティス友達




10月最後のピラティスの日はカラリと秋らしい朝だ。

ピラティスって何?と知らずに始めた体幹を鍛える運動クラスに入ってから10年以上過ぎた。

柔道場の畳の上にヨガマットを敷いて最初は30人ぐらいの女子が集まった。

たまたま近くに陣取った何人かで「せっかく週1回集まるのにおはよう、さようならの挨拶だけじゃあ味気ないから、まず自己紹介しましょう。」となった。

月に1回ぐらいは終わったらお昼をみんなで食べない?と次の段階。ここで集まったのが11名。

ピラティスの帰りに運動公園でお弁当を食べたり、新しいお店ができるとランチをしたり、秋には高尾山に登ったこともあった。

6月ごろ鎌倉を歩きに行ったこともあったし、何人かはスキーに行ったり、旅行したり・・・・

最初は知らない同志だったがそれぞれがそれなりの普通の女たちでそれでいて全然嫌でない仲良しなのが不思議なのだ。

やがて一人引っ越して行って抜け、次におしゃれなジムができてそちらに移動して二人ぬけして、今ではコロナ禍もあり6人が残った。

でも公園でバーベキュウをやろうと声をかけるとみんな集まってくる。

近所に住んでいるわけでもないが、腕組み城でもなんどか何人かでご飯を食べたりしたっけ。

誰のことも妬んだりせず喧嘩もなく利害関係もないから仲良しでこざっぱりした女同士だ。

今朝のピラティス後の別れの挨拶は「ピラティスだけでも来られてよかったねー。外に出ないからつまらないね〜、またコロナがひどくなったら会えなくなるね〜」

ほんと、なんとかしてよー、コロナ!






デッサン会再開

 

8ヶ月ぶりの裸婦デッサン会に興奮した。

条件の悪い狭い部屋にもかかわらず珍しい会員まで参加して満員御礼を出したいくらいだった。

公民館の会議室だったので、机や椅子を全部外に出して舞台を作ったところからやった。

デッサンしようにも手が自由に動かない。月2回のデッサン会に1回欠席でもその次にはデッサンが縮こまるのに8ヶ月も描かなかったなんて。

大御所の会計係が退会したので、副会長が全て引き受けて今夜は落ち着いて描けなかったけど。

これで数ヶ月後に会長の腕組み王女が退会した後、このデッサン会はどうなるのだろう。

でもみんなに辞めるとアナウンスしてしまった。

絵だけ描いていられたらいいのだけど・・・雑用係の会長職が大変なのだ。引退だ。



友達の指バネ




バネ指(腱鞘炎が医学用語らしい)の治療に針はどうだろうか?と思い友達に鍼灸院を紹介した。

バネ指も西洋医学では手術が必要らしく、指の手術は微妙だから針治療で改善されるなら、と思ったのだ。

KK子が東京から電車でやってきた。

腕組み王女も五十肩の治療があったので車でピックアップして一緒に針に行った。

KK子の指に打つ針は痛いそうだ。

今日の王女の肩への針は電気刺激を流すのでちょっと怖かった。

「怖い、いたい、辛い」と王女が訴えたので先生がそれでは5分だけと短くしてくれた。

しかし肩の場所を変えて2回も電気を流したためか終わってから「肩がちょっと良くなった!」

ドキドキの2時間近くが終わって腕組城まで帰ってきて遅いお昼ご飯を一緒に食べた。

KK子もコロナでどこにも出かけないので古河に来てちょっとは気分転換したかな?

それより彼女の右手が自由に動くようになればいい。

王女の方は針のあと肩に相撲力士のようなガシッとしたテーピングで3日間は剥がさないように言われた。これは結構効く。

あとは入浴後の肩の体操。




誕生日パーティ



台風やぎっくり腰や諸々の事情で今年の誕生日パーティがのびのびで、本日10月17日になってしまった。

先月に腕組み殿下と腕組み女王、今月はK子とヘベレケ王女の誕生日で4人合同のお祝いとなった。

コロナ以前は別々に祝ったものだったがこのご時世なので4人いっぺんで1回で終わらす。

みんなの希望で献立は、 栃木牛のサーロインステーキに付け合わせは人参のグラッセ、フライドポテト、インゲンのソテー、ガーリックバター玄米ライス。

グリーンサラダ、ボルドーの赤ワイン、果物はシャインマスカットとナガノパープル(ぶどう)。

いちごのショートケーキ。

宴会も今年は回数が少なくなったので、アルコールにも弱くなった。

久しぶりにいっぱい喋れて、楽しい晩になった。

生きるってこうでなくちゃあつまりません!

フランスもイギリスも再びのロックダウンだって。




針の上にお灸




ぎっくり腰は10日前の1回の針治療でほぼ治った。

今日は腰の針の他にさらに右の五十肩(これはぎっくり腰より少し長くかかると言われた)の周りに隈なく(?)針を打った。

その上、針に小さなもぐさを乗せてお灸をした。

お灸も初めての体験だった。ほんわり暖かくなるだけで大丈夫だった。

丸いガラス瓶を真空にして腰や肩に貼り付けた。

これは後で赤いアザになるのだが毛細血管を広げるために必要なのだそうだ。

腕組み王女が先生をすっかり名医を決め込んでいるのが伝わったのか念入りに施術してくださった。

最後に腰と肩に強力なバンデージでまるで相撲取りのようになった。

これは2日間は取らないでと言われた。

1時間30分の治療で貼り薬ももらって、バンデージをとったらこの膏薬を貼るように指示された。

待合室の針治療の効能書きには、あらゆる病に効能ありと出ていた。

白髪が黒髪に、体の脂肪も減るのか、老け顔も若返るのか?知りたいことが次々湧いてくる。




友達のまさこちゃん




友達のまさこちゃんはいつもピラティスには自転車で行く。

雨の時は腕組み王女が車でまさこちゃんをピックアップしている。

耳の不自由なまさこちゃんにスマホでのメールの打ち方を教えてあげたので、連絡は文字でできるようになった。

昨夜遅くに台風14号が関東地方に近づきそうなので、土曜午前中のピラティスはお休みするからとメールした。

今朝早くにまさこちゃんから「それでは私もピラティスはお休みします。」と返事があった。

でも朝の6時の時点で台風は曲がったので影響はたいしたことないような、雨が降っているだけだ。

「台風は逸れたみたいだね。やっぱりピラティスには行けそうだから、まさこちゃんちにお迎えに行くよ。」とメールしたら、「それでは急ぎ準備して待ってます。」とメールあり。

市の体育館に行ってみたらほぼ全員出席のように大勢が集まっていた。

帰りにまさこちゃんが「今日はピラティスができてよかった!」と言っていた。

コロナ中なので週1回1時間15分のピラティス体操は気分転換に貴重な土曜日だ。

まさこちゃんは腕組み王女が固く強く拒否しても何かお礼をしなければ気が済まないらしく、今日はポリ袋に飴玉と肩に貼る湿布をくれた。

体育館に行く通り道なのだから気にしないでと言ってもだめだ。

会話はスムースにいかないけど二つ年下のなんだか可愛いまさこちゃん。



アトリエ、ガラーン




デッサン会の有望な若手のN君に絵具をあげた。

わざわざスペインまで買いに行ったTITANの絵具だ。

大量の絵具をパリのオルリー空港で不審物に間違われて足止めを食った絵具だ。

他にもルフランやニュートンや良い色の絵具をたくさんキープしていた。

絵具の色に触発されて作品が出来上がっていく経験を何度もした。それほど絵具は重要だ。

それらを次の世代に引き渡す。

腕組み王女も若い頃に先輩の先生方から絵具や筆や画材をたくさん頂いた。

たくさんの新品の木枠や、刷毛やイーゼル、カルトンの入る大型鞄、携帯用イーゼル、スケッチブック類、クロッキー帳もあげた。

新品の小品の額縁、6号から0号まで何箱も車に運び上げた。

100号の木枠とフナオカのキャンバス地、どれも思いっきりたくさん買い込む腕組み王女だから大量に保管してあった。

もうひとり若手のO君が「自分にも絵具を残しておいて。」と言うのでまだ残っているが、アトリエのガラーンとした感じは否めない。

N君は帰り際に「良い絵を描きますから。」の一言。

「期待しているね。」の腕組み王女。時代は動いている。





鍼灸院



朝の靴下を履くときに腰がギクっとなった。

? こりゃ何だ?

腰を痛めたかとテニスボールを腰の下に置いて床に寝転んでゴロゴロした。

だいたいこれで治る。

でも今朝は治らない。だんだん痛くなってきた。

腰も若干「くの字」に曲がってきたよ。

今朝のピラティスはお休みだ。車の運転が無理だ。

今日のお誕生日パーティも中止だ。今日は買い物やら料理作りやら予定がたくさんあったのに。

今日はK子の誕生日で9月のわれわれの誕生日と今月中旬のヘベレケ王女の誕生日も兼ねて4人分をいっぺんにお祝いしようと計画されていた。

昨日のうちに料理したものもあったし、冷やした果物が準備してあったが。

ケーキは予約していなくてよかったけど。

で、K子に中止のLINEをいれたら、整形外科に行くより鍼灸院に行くように勧められた。

「針か、怖いな。」でも医者でレントゲン撮って痛み止めの飲み薬と湿布をもらってもすぐには治らない。

で、決意して中国系の鍼灸院に行ってみた。

腰はぎっくり腰で、右肩は五十肩との見立てで両方に針を打った。

腰は背骨の周りに15,6本を5cmぐらいの深さに、肩は9本の針を浅く打った。

ちょっと怖いね。針に電気を流しているらしく、15分ぐらい我慢した。

その間、隣のカーテンの50代ぐらいの男の患者の治療の方では「イター、痛い、無理無理ムリ!」と叫び続けている。

聞いてるだけで汗が出てくる。

1時間15分ぐらいで終わって、ぎっくり腰はこれで大丈夫だそうで、肩はまた来てくださいと言われた。

腰は確かに真っ直ぐになった。

明日ほんとに腰が治っているのかな?

何でも初めて体験って面白い。

これが針か!