本、どうしようか?




495A5D3D-D83A-4F25-93F1-722A274BC493_1_201_a.jpeg



二階の壁際に作られた長い本棚に、二重に立てかけられた本をザッと分けて要らなそうなものを括った。

それでその場所は一応本が一列に並んだけど。

屋根裏にもあるぜ。

モモ姫のお部屋の大型の本箱はホコリだらけの古い本がたくさんあるが、手付かずだ。

まだある。アトリエには美術全集や立派な重たい画集が・・・あるね。美術館に寄付?

1冊づつ見ているともう一度読みたい本がたくさんある。

誰が読んだ本か分からないものも数多ある、ある。

友達にもらった本。

友達が自費出版で出した(悪いけどつまらなかった)本も結構ある。

美術関係者の本は捨てられない。長らくお付き合いしてきたからその人と成りが分かっているから。

でも、面倒だから捨てようか?   本を捨てるなんて罰当たりなことできる?

ハードカバーの立派な本は市の図書館に寄付しようか?

シリーズで揃っている単行本も紙のカバーを取ると綺麗だ。book-offではお安く買い取るのだろうか?

やっぱり燃えるゴミの日に出してしまおうか?

どーしたもんだろうか?決心がつかないまま炬燵の上に置かれたままに日が過ぎる。






太る季節?




このところ良いお天気が続いている。

ヘベレケ城は住人が2名になった。

第一王女様のお荷物などだいたい片付いた。

そこでご近所へのご挨拶に腕組み王女もご同行した。

本当に最小限のお隣近所の5,6軒を回った。

お若く見える第一王女様と老けて見える腕組み王女と末の王女の3姉妹が隣同士で暮らすご挨拶に「あらー、いいわね。」と言ってくださる。

そう、楽しいのよー、今日のお昼は厚切りベーコンパスタとシーザース・サラダにボルドーの赤ワイン。

お昼は必ずアルコール類を飲むことにしている。どこにも行かないからかまやしない。

昨日は夜もヘベレケ城に顔を出したら2王女たちが日本酒を飲んでいらした。

久保田の千寿の冷酒だったからまた飲んだ。

だめだ!ぜったい体重が増えるだろうな。

コロナだからいいか?いやいやだめだよー、デブは自己責任!と心で叫ぶ。

茨城県は発表で55人のコロナ感染者が出た。過去最高数だ。






家族が増える




お隣のヘベレケ城に東京から第一王女様がお帰りになった。

東京生活も長くてお楽しかったのでしょうが、第一殿下がお亡くなりになっては何とも致し方なく、東京直下型地震や急な富士山噴火などの心配のほかにこのコロナ禍だから、3姉妹が隣同士で暮らすのがよかろう。

と、よく今は亡きアルツ大王様が生前おっしゃっていた。それに亡きアルツ女王さまもご安心でしょう。

腕組み王女は忠実な二番手の僕だから、手作りにアップルパイやあんこも作ってお待ちしていた。

引っ越しが終わり、はやばやと宴会をしていたら友人から引っ越し祝いの新鮮なお刺身が届いた。

もう、気が効くんだから。

今日あたりコロナの第3波が来たとニュースあり。

ひとまず親戚一同はヘベレケ城と腕組み城に家族構成が一人増えて、安心したんではなかろうか?

第一王女様にはこれから田舎暮らしになるが田舎には文化が無いなんて言わずに畑仕事にも慣れてほしい。

なんて言うとさも腕組み王女は畑仕事に精通しているように聞こえるね。

いまは「かき菜」と「ゆず」だけ取れてます。「柿」は今年は全滅でした。







疲れたお父さん




新宿の帰りは電車に1時間も乗って帰ってくる。

いつものように先頭車両は席が見つけやすいからホームで待った。

若いお父さんがギャーゴー言っているグニャマサの男の子を片手に抱いて、片手にベビーカーを持っている。

電車の先頭車両は比較的空席がある。

きた電車にうまく座席が取れた。

ドア横の二人席に其のお父さんは座った。

腕組み王女は向かいの二人席だ。  

グニャマサの男の子は1歳半ぐらい?2歳ぐらい?

膝の上で相変わらずギャーゴー騒いでいるがお父さんはジュースのようなものを与えたまま居眠りを始めた。

飲み終わった男の子はグニャマサだからお父さんの膝からズルズルずり落ちて父親の靴のところで止まっている。

お父さんは30代全般か? 疲れるよね、子供連れ。

次に子供が泣いたのでお父さんは鞄からピンクの携帯電話を渡して、ベビーカーに座らせた。

小さいくせに子供は器用に携帯のホーム画面から漫画?のアプリを開けて上手に画面をスクロールしたりタップしたり操っている。

その子は細い脚をベビーカーの上で大人のように組んでゲームか漫画を見ている。だから静かになった。

子育て中の若いママも、たまに子供をパパに預けて自分のことしたいよね。

ご苦労様。

其の男の子を見ていたら小さい頃の甥っ子がグニャマサだったのを思い出した。体が柔らかくてぐにゃぐにゃしていた。

でも可愛いんだ。








冬支度




暑がりの腕組み王女は相変わらず半袖に薄ーいパーカーでwalking している。

でも寝るときには肩ウォーマーを着て、ガーゼのマスクをして眠る。

ベッドの寝具も秋バージョンから冬用に変えた。

コロナの今年こそ絶対に風邪をひいたりできないから。

冬が来るから庭のアロエをどうにかせにゃー。

鉢に植え替えて小さなグリーンハウスに入れるという作業は面倒なのでやめた。

そこで霜除のビニールカバーを素人ながら手作りした。

このアロエは伊東産で、伊東では外に植えられて凜々している。

この辺は北関東だけどちょっとした厚手のビニールカバーで冬を乗り切れるんじゃあないかと思ったのだ。

だんだんやる気が出てきて、デッキに出しっぱなしだった観葉植物も室内に移動した。


そう言えば今年は秋の虫が全く鳴かなかった。1匹も。

数年前までは夜にはうるさいぐらいだったのに、どこに行ったの?

トンボは1回見ただけで、あれも幻だったか。

カタツムリ、アマガエルなどいなくなった。

かわいいヤモリも今年は出てこない。

月の王子から預かっていた盆栽(何の木か知らない)がいつものように水やりしていたが枯れた。

そうそう、柿の実が全部落ちたよ、全滅だ。友達の家の柿は5個だけ取れたという。

地球温暖化、異常気象、何か起きる?



15%引きは安い




月曜日午前中は生協から食料品の配送日だ。

白い発泡スチロール箱4,5箱が来る。

受け取ったら消毒スプレーを商品にかけて、次に濡れ手拭いで水拭きして、台所に運び込む。

けっこうな仕事だ。

その上、昼食後スーパーに買い物に行った。

月・火は「シニアデイ」で5%引きで、先週同じ店で買い物してさらに10%引きのチケットもあるのだ。

大体の食料品は15%引きだから、すごくない?

たくさんの買い置きがあるにもかかわらず、お茶や乾物や冷凍保存できるものなど大量買いした。

お城に戻って、もう一度全ての商品を消毒して、水拭きしてそれぞれの場所に保管した。ふ〜、

15%引きに惹かれて買い過ぎだ。

さて今日作ったチーズケーキとお昼のタコ飯、上手にできた大学芋も誰か食べにきてー。

叫んでもコロナなので誰も来ない!

チ!つまらん!