Manchester and Liverpool




「マンチェスターとリバプール」の歌は、まだ世界を見たこともない10代の頃の王女が想像を逞しく英詩を拾いながら唄っていた歌だ。

これってビートルズの歌?と思っていたが。

ノートに歌詞を書き写しながらNETで調べると、マリー・ラフォレが唄っている! のはフランス語?

マリー・ラフォレも名前と顔はうっすら覚えているが、美くしい人だね。

ただ、ただ懐かしく一瞬にすぎた青春を思い出した。

Manchester and Liverpool,
may not seem cities for romantic fools
Busting feet and dusty streets
and people living for each day・・・・

Manchester and Liverpool,
so noisy,busy and so typical,
Millions there with hopes and cares
and happiness is their only aim
In New York and Sydney too
The whole world over,it is just as true ・・・




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント