アメリカから同窓会に参加

K子がカリフォルニアから4月の同窓会に出席すると電話をくれた。

よかったと思ったら、携帯電話にクラスメートのKSからメールで不明の同級生を調べているうちにKT(彼は高校時代は紅顔の美少年だった)が5年前に膵臓がんで亡くなっていたのがわかったと知らせて来た。

卒業以来一度も顔を合わせなかったKS。ほとんど同級というだけで接点は無かったが,そうなんだー、そういう年なんだーと寂しく思った。

K子にも言ったが,特に誰と会いたいという訳じゃなくても出来るなら皆と旧交を温めておいた方がいいよ,人生の彩りになるからサ。

腕組城に滞在していれば私がご飯は作るから、気兼ねしないで、なんならうちの子になってもいいんだよ、ねェ、殿下。

殿下曰く「K子はウチの家族と同じだよ。いつでも、いつまでもどうぞ。」と申しております。





"アメリカから同窓会に参加" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント