テーマ:

林檎

こんな大きな林檎見たことない! 山形のフジという品種だね。 一番大きなものは550gもあるー。 腕組み王女は林檎が果実の中で一番好きサ。 1個を12切れにカットした。 うーん、素敵もなく美味しい。 甘みと酸味が強くて、蜜りんごだ。 こんな林檎があるんだね。 アップルパイをつくろう。でもまず1個は食べてから。 普…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大田区在住作家美術展

雨だったが大田区在住作家美術展に行った。 毎年見せてもらっているが今年は知り合いの高頭信子先生のギャラリートークが2時からあったので、9月の金沢の旅以来でお会いできると踏んで出かけたのだ。 お話がいつも通り率直で我々絵を描く者にとって、希望を呼び起こしてくださる。 先生はこの美術展の会長を務めつつ、後に続く人を指導したり、イエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友はシチリア・南イタリアの旅の空

友達がシシリーの旅の途中からラインで写真を送って来た。 10/2 ローマからポンペイ、夕方ナポリ港からフェリーでパレルモへ。 全然知らない場所だ。10/8はタオルミーナからシラクーサ。 今頃アルベロベッロ。明後日はアマルフィだ。テレビで美しい海岸線を見た。 王女が知っているのは、47年前のローマ、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

怠け者の・・・・

怠け者の節句働きって、腕組み王女のこと? もうじき友達がアメリカからくる。 で、大急ぎでガラス磨きや玄関口のタイルの水洗いなど、ふだんやらない掃除をしている。 車も磨いた。 床のワックス掛けもやった。 そこに孫たちがお泊まりに来た! またまた泥足でお城を駆けずり回る。 ベタベタの手で磨いたガラス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラとかすみ草

お向かいの友達、キミちゃん88歳はお花育ての名人だ。 ピンクのバラとかすみ草をいただいた。 腕組み王女にも花を育てろと言われるが、「で・き・な・い」 ただ咲いた花をいただくだけ。 鉢植えの花もいらない。毎日お水をあげられない! キミちゃん、また咲いた花を切り花でちょうだいね。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

貧乏3人組

昔の絵仲間が、有楽町に集まった。 私たちは「普通の貧乏、赤貧、極貧」3人組だった。 誰かの絵が売れると、みんなで分け合って酒を飲んだ。 3人組の一人Nが絵画の個展を開いていたので久しぶりで再会した。 Nとは15年ぶりぐらいだろうか? お互いバァサンになっていた。 3人で展覧会も何回かやった。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

買い物下手だけど

腕組み王女は服関係は自分では買えない。 興味がないから、お出かけの時には困る。 だから、誰かしらに選んで一緒に買い物に行って選んでもらう。 でも今日はおキクさんの服を一人で買いに行った。 腰が曲がっていて、お店には行けないおキクさんはズボンと上に着る何かTシャツのようなものが欲しいんだって。 注文は85歳ら…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

チョコレート

友達がカカオ70のチョコレートを15箱送ってきた。 まだ我が家に10箱以上の買い置きがある。 腕組み王女がアメ横でいつも大量買しているのを知っている友達は、包帯巻きでは買い物にも出られないだろうと忖度してくれたのだ。 ありがとう。 ジーンとくるね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トルコの旅

K子が今はトルコの旅だ。 今朝はカッパドキアでバルーンの空の散歩を楽しんだ写真が送られて来た。 リッツホテルではWiFiが繋がるとかで、Lineで文と写真が来る。 でも、イスタンブールとかアンカラからメールや写真が来てしまうと、世界の距離感がなくなったね。 実際には現地に滞在することや体験することとネットやテレビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「身代わり風子」友人のエッセイ

画家の山茂さんが書いた猫の風子との生活と、ご自分の末期ガンとの戦いの日々が、柔らかく切なく清涼な文章で書かれ上梓されたばかりのエッセイをご紹介したい。 4mmの肝臓ガンが発見されたあたりからの文章からも差し迫るご自分への不安が抑え気味に表現され、そのぶん風子への愛情がさりげなく毎日の生を綴っている。 本の後半は作り続けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シラス丼は安い,塩は高い、腕時計は安い

片道2時間以上かけて辻堂へ、お彼岸前だが墓参りに行った。 日陰の無いお墓で植木を切ったりチョットした掃除をしていても、背中に日光が焼けるようだった。 帰りは辻堂駅の大きなモールで、春の墓参りに食べ損なった、シラス丼を食べようと3階のフードコートに行き,以前と同じようにまたもや列の後ろに並んだ。 春は前のほうで生しらす丼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

K君の奥様からの手紙

4月に急逝した同級生の立体造形作家のK君の奥様からお手紙をいただいた。 K君の死因は急性心筋梗塞だったこと。山中を終の住処と決めた時から、何か有った時には家族葬の葬儀をとり行うようにと言われていた事。6月には納骨を無事済ませた事、皆様からのご厚志は勝手ながら来春4月1日からの遺作展の費用に加えさせていただく事をお許しくださいと。画…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

高尾山、母の日

ピラティス仲間11人で高尾山に登山した。 最高の天気で新緑で涼風が心地よい日だったが、高尾山は高かった。 2時間弱で上れる標高600メートルもない山だけど,馬鹿に出来ない。 疲れたー。 皆でお弁当を食べて,頂上は人が多くてほこりっぽくて、もうすることも無いので2時半頃帰り支度。 腕組み王女と I さんの二人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友の引っ越しパーティ

F子の引っ越した3LDKのマンション(アメリカではアパート)に興味津々のわれら「気まぐれ王女連4名」(F子が入って常連5名)がパーティのため集まった。 F子は最初は食事は近所のレストランで,そのあとティパーティでおしゃべりをどっさりーーーの計画だった。 美味しんぼのM子がコレに大反対で「なんでもいいから手料理が食べたい。なん…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

亡くなった立体作家K君のこと

2週間前に亡くなったK君は高校時代の同級生だった。 2010年5月19日の腕組み王女のブログに彼の個展の記事が載っていた。 再読した。案内ハガキの写真も載っていた。 個展案内のハガキには彼の立体の美しい作品の写真とともに副題として「シ・ヲカクジツナモノニ」と書かれている。 「死を確実なものに」、この不吉な題名を彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーコさん

広島のヨーコさん、久しぶりのメール有り難う。このところの腕組み王女のブログは何となく辛く寂しいものだったので、慰めのメールをくれたのね。 長らく貴女からメールも無かったし、同期会も勿論出て来られなかったからチョットだけ気になっていたよ。 元気で良かった。お母様もすごくお元気そうで嬉しいです。 なんと言っても親がいると言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腎臓透析中の友よ

同期会に出て来られなかったね。 腎臓を患って10年以上、透析も長いんだね。 水も沢山飲めないし,従って塩分の濃いものは喉が渇くから食べられないんだね。 生野菜も果物もだめなんだね。 体重も減らさないと行けないんだね。 2年前の展覧会に無理して見に来てくれたね。 2人展だったけど、その時の彫刻家のK君は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

友人、アメリカに帰る

腕組城に3週間ご滞在だった友達が先ほど成田に向けて、その先のサンフランシスコに向けて帰っていった。 彼女もだけど腕組み王女の方がホームシックにならないかと心配だ。 この3週間はお互いに自分のするべきことはやりつつ、夜は毎晩宴会だった。 彼女は王女一家が引っ越すたびに近くに越して来て家族のように一緒にご飯を食べて,お酒を…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

不意の電話,友達が亡くなった

つい2週間前に同期会で会った、彫刻家のKくんが昨日突然亡くなったと、奥様から電話が有った。 2年半前には川崎で2人展を二人でやった。 彫刻と平面のコラボレーションだった。それからちょっと親しくなって,たまに制作の苦労の話など,山梨県に住む彼から電話がきたものだった。 先日の同期会で会った時にまた一緒に展覧会やろうね、と…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

友達がアメリカから来た

待っていた友達K子がアメリから戻った。来週の同窓会に出るために。 まず,たいした酒の肴もなしにビールで、最初は二人で飲み始めそのうち底無しヘベレケ王女が加わり、腕組み殿下もラッパから戻られてワイワイと夜の11時過ぎまで飲んだ。彼女のスーツケースは翌日到着なのだがハンドバッグからおいしいゴーダチーズを出して来たので、こりゃワインでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タツミノリコさんの彫刻

先週の巽紀子さんの展覧会でゲットした木彫の「頭に座るおとこ」(この題名はかってに付けた)が届いた。 緑の頭の上に青い服の男が座り,その男の頭にピンクときいろの玉が乗っている。 それが見えないような針金で宙に浮かんでいて、かすかな風とともにゆらゆら動く。 奴は動きによって顔の向きを変える。何かを見つめてい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

老人Week

今週の腕組み王女は老人に大人気。 「月曜日にお茶飲みに来て。」とわざわざお誘いが有ったので、お向かいのおキクさん(80歳ぐらい?)の居間にお邪魔した。 待ってましたって感じで旦那様のサダオさん(83歳?)がインスタントコーヒーにたっぷりのお砂糖を入れて出してくれた。 ミカンもどうぞ,和菓子も,おせんべいもそうそうイカの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

S子からの電話

高校時代の同級生のS子から電話があった。 とにかくおとなしい子だったし特別仲良しでもなかったし、腕組み王女のようなざわついたクラスメートとはなるべく近づかないように彼女はしていた・・・のじゃあないだろうか? 同期会の連絡が取れないと幹事が言うのでS子の留守電に入れておいたのでそのお返事だ。 暗ーい声でいきなり「事情があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月の同期会

高校時代の同期会が20年以上ぶりで開かれることになった。 腕組み王女は個人的に絵の展覧会をやっているので日頃から連絡の取れる人や時々顔を合わせる人がけっこういる。 でも多くの人はほんの一部の友達以外は連絡を取っていないのが実情のようだ。 最初は1月頃数人の男子で「そろそろ連絡出来る人たちだけでもクラス会をやろう。」と始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐市の佃煮

秋田・八郎湖名産のわかさぎ佃煮、いかあられ、しらうおの3種の佃煮を頂いた。 なかでも一番好きなのはいかあられ。 イカを柔らかく甘く煮た中に赤や青い煮豆が彩りに入っている。 ワカサギの佃煮も透明で美しい。 友達が時々送ってくださる千田佐市商店の贅沢な佃煮。おいしい逸品。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笹小屋プロジェクト閉鎖?

なになに、群馬県の中之条ビエンナーレ2011の中で六合エリアに展示されている笹小屋プロジェクトを閉鎖? ピエンナーレ実行委員会のHPに載っている。 理由は熊が出るかも解らないからだって。 ビエンナーレは10月2日(日曜日)で終了で、問い合わせたら山の中に展示されている笹小屋は最後の1日(土)、2日(最終日の日曜日)は場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more